リマーケティング タグの Google コードの隙間の回避方法

リマーケティング タグを入れると隙間ができる

Adwordsに、googleのリマーケティング タグの Google コードというものがあります。
このタグをいれると、隙間ができますので、隙間を消す為のcssを同時に設置しておく必要があります。

scriptタグと一緒に、cssで高さを消す

インラインフレームに、フレームの識別名を指定して回避します。
公式で対応してもらうまでの暫定処置です。

リマーケティングの仕組み

リマーケティングは、ウェブサイトにアクセスしたことのあるユーザーにアプローチできる機能です。以前にユーザーがサイトのどのセクションにアクセスしたかによって、そのユーザーに表示する広告を調整することも可能です。広告は、ユーザーが Google ディスプレイ ネットワークに参加している別のサイトにアクセスしたとき、または広告主様の商品に関連するキーワードを Google で検索すると表示されます。