衝動買いに効く30日ルール

ライフハッカーブログで、あ!自分もやっている!という内容がありましたのでご紹介します。

「すぐ買わずにリスト化!「30日ルール」で衝動買いを防ごう」
http://www.lifehacker.jp/2009/08/09081130rule.html

shop

ライフハッカーブログでの記事を引用します。


30日リストを作ろう:
部屋が片付かないのは、買いすぎているというのも一因にあると思います。
問題解決の第一歩として、購買欲は芽のうちに摘み取りましょう。私が提案する「30-dayリスト」を作成するのに掛かる時間のはたったの1分です。
必要なもの以外を買いたくなったときは、日付と共に商品名をリストに加えてください。
リストに載せてから30日間以上経過していないモノは、決して購入しない―これがルールです。
買いたいという一時の衝動的欲求を失い、節約に繋がるでしょう。


自分の場合は、欲しいモノリストを作って、欲しいと思った商品を書き出します。
この時に、一応の基準として1万円以上のモノに限ることにしています。

「30日間以上たっていないモノは決して購入しない」というルールに加えて、「30日経っても欲しかったら、そこではじめて購入するか検討する」というものです。

まず、衝動買いというのは、買って使わなかったり、買って満足して終わりになってしまうものが多いように感じます。

なので、まず、30日経ってもまだ欲しいと思っているかを自分に問いかけるのです。

30日経ってから、それでも本当に欲しいのか検討します。


そんなことをしている中、リストにあったPomera(ポメラ(ポケットメモライター))に関しては、1年以上経ってしまいました。
その間になんと新機種が2台も発売されてしまいました。


パソコンに関しても、常に欲しいと思っているのですが、30日経ってみると、まだこのパソコンは使えるからと思って買わなくなったりしています。

30日のルールを決めているため、衝動買いはしないので、冷静になれるのです。
パソコンも壊れるまで買わないかもしれません。

これで余計なモノを買わずに済むので、買ったと思ってその金額分を貯金するという節約ができるかもしれません。
記事を書いていて思いつきましたが、これ、いいかも!

やってみようと思います。