シチズンの予測付き体温計CTE501を買ってみました

こんにちは。予測機能付き体温計って知っていますか?

基本的に水銀体温計しか信じていなかった私ですが、
最近、そんな大好きな水銀温度計の動作がおかしくなりました。
計測し終わって、脇から離したとたんに目盛りが減って行くのです。。

これは故障したのか!ということで、電子体温計はどうなんだい?と、
Amazonを眺めていると、「予測」という機能が付いている電子体温計が多くみられるではないですか。

体温計には「実測式」と「予測式」があるらしく、
とにかく、平衡温を計測しないと、正しい体温はわからないらしいのです。

※平衡温とは、
体温計をワキの下で測定する場合、
ワキの下へ入れてから体の内部の温度と同じくらいの温度になった状態をいいます。
ワキの下の場合、平衡温(へいこうおん)になるまでに10分以上かかります。
http://www.citizen-systems.co.jp/support/faq/electronic/health/pop_temp.html

というわけで、短時間で平衡温を予測して表示する機能が便利だよって話なのです。

実測式と予測式

実測式は、『水銀体温計』と『実測式電子体温計』で計測するのですが、
測定している温度をそのまま表示しているので、「平衡温」を計るのに、脇の下で10分程度の計測が必要でした。

予測式は、平衡温を短時間で分析・演算した値を表示する方式です。
多くの人の体温上昇データを統計的に処理し、演算式にして、ワキであれば10分後の平衡温がどのくらいになるのかを、高い精度で短時間で計測することができます。

Amazonで購入

ということで、時間短縮で、体温が測れる予測式はありがたい体温計だー!ということで購入した体温計はシチズン電子体温計わき専用(予測+実測) CTE501
です。
シチズン電子体温計わき専用(予測+実測) CTE501は¥909と安いわりに評価も高かったのでこれに決めました。

届いたシチズンCTE501

体温計

ケースも付いているんですね。

入れ物

解説書が丁寧です

解説書

予測と実測の温度差?

実際に計ってみると、予測で、36.7度。で、その後も計り続けると、36.4度になりました。

予測について検索してみると、出てくるのが、この予測は、「0.3度から0.4度高く表示される」という問題。

課題はありますが、これはそういうものだと理解して、
予測はそういうものだと思って利用すればいいのかなと思います。

あと、日々計測をしていると、この予測体温計での平均体温なども割り出せるので、
それを基準にすればよいですね。

なにはともあれ、30秒から60秒で計測できるのはありがたいです。
予測機能付き電子体温計、おすすめです。

シチズン電子体温計わき専用(予測+実測) CTE501

購入時Amazonで最も安くて評価も高かった予測機能付き電子体温計です。
おすすめの一品です。

amazonボタン