Dashという登録したスニペットを自動入力してくれるアプリの紹介

Dashを簡単に説明すると、
リファレンスの参照を素早くできるのと、自分で登録したスニペットを自動で入力してくれるアプリです。

リファレンスとは、参考資料のことです。
スニペットとは、頻繁に利用する短いコードやテンプレートに分かりやすい名前を付け、簡単な操作で挿入可能にしたもののことです。

▼Dashの画面
dash
Dashを利用するようになって、仕事の効率がだいぶ上がりましたので利用方法や、どんなに便利なのかを書いてみようと思います。

Dashは無料?有料?

Dashは無料で利用できます。

無料バージョンでは、リファレンスの検索が少し時間がかかるのと、時々有料にしませんかというメッセージが出たりします。

そのストレスからは、1700円の有料版で開放されます。
(関係ないですが、ゲームの課金に似てる気がしました。上手です。)
dash有料・無料
仕事上での利用機会が多くなったり、これは必須だ!と思ったら有料を購入すればよいかと思います。

リファレンスについて

リファレンスの内容はすべて英語です。
しかし、英語が苦手だから利用しないというのはもったいないです。
なぜなら、Dashは図やわかりやすい英語で直感的にわかりやすくまとまっているからです。

CSSの例を見てみます。

border-widthを参照してみます。

グラフィカルでわかりやすい説明
border01
わかりやすいコードでサンプル表示
border02
ブラウザの対応表
IEやAndroidの対応状況は調べることが多いので便利です。
border03
:last-childを見ると、IE9から対応しているのがわかります。
last-child

jQueryの例を見てみます

slideToggleを参照してみます。

わかりやすい説明があります。
slideToggle01
サンプルコードがあって、
slideToggle02
そのサンプルがリファレンス上で、実際に動きます。すばらしい。
slideToggle03
わかりやすいですね!

Dashには80以上のリファレンスがあります。

ActionScriptから、MySQL、PHP、Wordpress、Node.js、Bootstrapなどなど幅広くカバーしています。
supported
紫の囲みがあるリファレンスは、人気のある(有名な)リファレンスです。
利用するリファレンスをダウンロードしておきましょう。
dash7

スニペット機能

スニペットとは、「自動で補完機能」と「選んでペースト機能」です。
この2つの機能を組み合わせて補完を強化することで、効率がぐっとあがります。

自動で補完機能

あらかじめ設定していた内容を入力すると自動的に文字が補完される機能です。

例えば、Sass用のスニペットを用意する場合、
@cle と入力すれば、
@include clearfix; が入るように、登録設定することができます。
プレースホルダーを設定した場合
__placeholder__ でプレースホルダーを設定できます。
一部分が変わる内容の場合はplaceholderを利用します。
__hogehoge__というように中のテキストは変更可能です。
insert画面
プレースホルダーを設定したスニペットを使う
プレースホルダーを設定した部分まで入力すると、
このような画面になって、__placeholder__に入力してEnterすれば入力されます。
th_dashを起動した
スニペットは長いテキストも設定できますので、
例えば、自分で用意したHTMLのテンプレートを一気に入れることも可能です。
__placeholder__以外にも、
・@clipboard クリップボードに入れた内容が入る
・@cursor 入力後のカーソルの位置を指定する
・@date 日にちがはいる
・@time 時間が入る

という設定が可能です。

選んでペースト機能

Dashの検索窓から、探したいキーワードを入れ、↑と↓で、選んだらEnterでペーストできる機能です。
Control + Spaceで全面に表示するようにしています。
dash_shortcut

選んでペーストする実際に使ってみる

スニペットを入れたい場所にカーソルを置いて、(重要なポイント)
dash1
Control + SpaceでDashを起動
dash2
検索したい文字の一部を入力
dash3
マウスか、↑↓のカーソルで選んでEnter
dash4
設定した内容が入力されます。
dash5
という流れでスムーズに入力が補助されてしまう、スニペットは非常にパワフルで便利な機能です。

SublimeTextで、CSSを書くときに重宝しているhayakuというパッケージもそうなのですが、直感的な文字を設定しておくことで、自分の直感で入力を進めることができます。

スニペットを登録する

スニペットは、よく利用するコードを入れておいてもいいですし、テンプレートを入れておいても便利です。

作成したsassを登録してみたり、
th_dash14
よく利用するgitのコマンドを登録してみたり、登録は簡単なので+ボタンからどんどん登録しましょう。(やりすぎ注意)
th_dash15

私は、コードの他に、自宅の住所や、メールアドレスなど、よく利用するけど、毎度の入力は面倒なものもすべてスニペットにして利用しております。

Dropboxで共有する

Dashの良いところはDropboxなどを利用して、複数の端末で同じ環境を利用できることです。
赤い枠の部分をdropboxの任意のフォルダに指定します。
dash_dropbox

おわりに

今まではgoogleでリファレンスを検索していましたが、Dashにすべて入っているので、慣れると非常に楽です。
スニペットは最初に必要なものを登録したあとは、使いながら登録していけばよいと思います。
意外と普段良く利用する文言やコードって思い出せないので、思いついたら登録という感じで良いかと思います。
時々、入力内容を変えてみたりメンテナンスをすると、Dashの頭が良くなっていく感覚があり、楽しいです。