まるでビックマック!ダブルチーズバーガーの作り方

ビックマック好きかつ、ダブルチーズバーガー好きな私が、自宅で、マック風のオリジナルバーガーを作りたいと前回はバンズを作りました。
実際のハンバーガー完成までの様子を写真付きでお届けします。

できあがったのはこちら。

ビッグマック風味のダブルチーズバーガー
01_DSC_9898

1.材料の準備

01_DSC_9770
  • 牛ひき肉 200g
  • 玉ねぎ(新玉ねぎ) 1/8くらい
  • レタス 2枚くらい
  • とろけるチーズ 1枚
  • ピクルス 輪切り 4枚くらい
  • ケチャップ 大さじ2
  • マヨネーズ 大さじ1
  • 塩 少々
  • 胡椒 少々
  • オールスパイス 少々
  • ナツメグ 少々
  • マスタード 少々

2.玉ねぎをみじん切りにします。

02_DSC_9773

3.レタスを千切りにします。

写真は太いですが、なるべく細切りにします。
これがビッグマック風味の食感の決め手です。03_DSC_9775

4.ピクルスを薄切りにします。

これが味のアクセントですね。03_DSC_9853

5.ソースを作ります。

ケチャップ:マヨネーズ=2:1の割合にします。

これがビッグマック風味の味の決め手かなと思っています。
画像の量だと少ないかも。04_DSC_9862

混ぜておきます。

いわゆるオーロラソースと言われているものができます。
ちなみにガーリックパウダーを入れてもおいしいらしいです。05_DSC_9780

6.ひき肉とスパイス類を混ぜます。

スパイスはやや少なめで調整しながら入れてください。
多いと肉っぽい味が隠れてしまいます。少なすぎるとビッグマックっぽくないのでバランスが大切です。
06_DSC_9781

粘りが出るまで、手でこねます。

しっかりねっちょねっしょにこねましょう。
手が汚れてしまうので、ビニール袋を使ってもOK。最後は空気を抜く感じで叩きましょう。07_DSC_9785

7.パンに乗る大きさに整形します。

画像は、10cmのセルクル使用。厚みは1cmくらいがポイントです。
厚すぎるパテはビッグマック風味ではないので気をつけましょう。08_DSC_9792

8.よく熱したデバイヤー(鉄フライパン)で焼いていきます。

やはりお肉は鉄板で焼くとおいしく焼けますね!
中火から弱火の間くらいでじっくり焼きます。
10_DSC_9799

9.最初はアルミホイルで蓋をします。

熱を効率的に利用して温めます。10_DSC_9866

10.焼き色がついたら、裏返します。

すでに美味しいです。
11_DSC_9802

フライ返しで少々押さえつけるように焼きます。

12_DSC_9808

これくらいの焼き目がついたら、できあがり。

13_DSC_9811

11.もう一枚同じように焼きます。

DSC_9807

12.パテの上に、チーズをのせます。

チーズバーガー風にするときはチーズをのせます。
フライパンの上で、とろけさせるのがポイントです。ビッグマック風味だと本来はチェダーチーズが美味しそうですね。14_DSC_9870

13.バンズに具をのせていきます。

まず、チーズ乗せパテ。

15_DSC_9815

次に、パテ。

16_DSC_9874

ソース半分。

17_DSC_9877

みじん切り玉ねぎ。

18_DSC_9878

ピクルス。

19_DSC_9880

マスタード。

黄色いマスタードを使いたかったところ。20_DSC_9881

残りのソース。

21_DSC_9883

千切りレタス。

そうは言ったが順不同です!22_DSC_9886

出来上がり。

うまそうです!ビッグマック風味のダブルチーズバーガー。
前回の記事で作ったバンズと見事に調和しております!01_DSC_9898

14.持ってみます。

持つとこんな感じで、ボリュームもちょうどいい。25_DSC_9903

かぶりつく。

濃紺野郎が、がぶりといかせていただきました。26_DSC_9906

肉厚最高。

肉とキャベツ、ピクルスにオーロラソース。玉ねぎにマスタードの味が絶妙です。
トッピングに目玉焼を入れてもいいし、トマトを入れてもいいですね!26_DSC_9909

おわりに

今回はビッグマック風味の味付けをしてみましたが、モスバーガー風味にもチャレンジしたいと思いました。
例えば、肉と野菜たっぷりのゴロゴロ自家製ミートソースとトマトと肉を合わせたハンバーガーなんて美味しそうですね。
オリジナルバーガーを完成させたい気持ちは高まります。