5. 中古物件が見つからないので新築も検討。土地の検索でわかったこと

物件検索で見つからない

最初は、インターネットで見つけて、良さそうな物件があれば、内覧をさせてもらい、気に入った物件があったら、ローンを組んで購入しよう!という流れでを考えておりました。

しかし甘かったです。

そう簡単に、理想の中古物件に出会うことはできませんでした。

土地で検索して新築を建てる作戦

そこで、不動産検索サイトにある「土地検索」も利用することにしました。
40㎡〜45㎡くらいの「土地」を探して、安くて条件に合った土地があれば、そこに新築を建てるという狙いです。

新築物件を建てる金額は、プランによって、およそ1,000万から2,000万円と大きく値段は変わるものの、その金額を意識した価格で土地検索をしてみました。

更地渡し

土地を検索していた中、土地に建物の写真が掲載されている情報が出てきました。
価格も条件に合っています。

早速、不動産会社に電話して聞いてみると、現状ある建物は、地震の影響で傾いてしまい、取り壊して更地としての販売になるとのことでした。

土地で検索した時に、戸建の写真が掲載されていて、おぉ!安いと思ったのですが、状況によっては、このように建物が建っていても、更地で引き渡されるということがあるようです。

このように、土地での検索でもなかなか良い不動産は見つかりません。

とはいえ、少しずつ新しい知識もついてきました。
この頃には、不動産情報を見るだけで、大体のイメージがつかめるようになってきました。

わかったこと

  • 中古物件だけでなく、土地でも検索すると幅が広がる。
  • 土地で登録されていて、物件の写真があるときは、なにか理由がないか確認してみること。
  • SUUMOとアットホームのアラートに土地も登録しておくとよさそう。
次は、「掘り出し物の物件は無い!それでも見つける方法を考えた

中古住宅を購入してリノベーションを行った5ヶ月の道のり 全50記事一覧

中古住宅購入 トップページ
1. 中古リノベのビフォーアフター写真

物件を探す

購入を決断

購入手続きと審査

銀行 / 住宅ローンのまとめ

リフォーム会社と予算

リノベーションが始まる

キッチン、お風呂など水回りの工事

玄関周りの設備

引っ越し前にやったこと

役立つ情報のまとめ

カテゴリ一覧