21. ネット銀行の住宅ローンのデメリットは?都市銀行を選んだ理由

ネット銀行について調べたこと

ローンの仮審査に通過し、無事に不動産の契約も終わったら、いよいよ住宅ローンの本申し込みです。

金利は0.1%でも少ないほうがいいので、インターネット銀行は人気のようです。

仮審査は、イオン銀行と、住信SBIネット銀行に出しました。
ちなみに、ソニー銀行が気になっていたのですが、中古の戸建てに対してのローンは行っていないとのことで断念。後日借り換えは可能とのことでした。

人気のネット銀行ですが、5つ程わかったことがあったので、まとめてみました。

審査時間が長い

ネット銀行は、ローンの審査に時間がかかります。
正式審査書類の到着から実行までには、通常1ヵ月~1ヵ月半程度かかります。書類等の状況次第では、さらに日数を要する場合もあるそうです。
例えば住信SBIネット銀行は、足りない情報があれば郵送でのやりとりが発生してしまったりするそうで、その分時間がかかる可能性はあります。
中古物件の購入は、流れが早いように感じたので、急ぐ必要のある人にはこの待ち時間はデメリットになると思いました。

都市銀行だと、団信の告知内容にもよりますが、健康体で特に問題が無い場合は、1週間ほどで結果が出るようです。
リフォーム後に引き渡される場合は、工事期間が審査期間を越えるようなら、気にすることはないと思います。少しソワソワしてしまいますが。

実店舗が近くにない

イオン銀行は、イオンのある地域や一部の地域には店舗があったり、住信SBIネット銀行については、2015年3月3日から、SBIマネープラザとSBIモーゲージの店舗で「Mr.住宅ローンREAL」という商品を実店舗で販売していたりと、対面してのやりとりが少しづつ普及してきているようです。
とはいえ、一般的にネット銀行は店舗がありません。

審査を始める前は、実店舗の有無は全く気にしていませんでしたが、いざ都市銀行とやりとりをした時は、目の前で書類を確認してもらえた点は楽でした。

インターネットで見かける情報では、店舗が無いのが気になった事は無いという意見も多いので、私が面倒くさがり屋なだけだと思います。

初期費用が高い

ネット銀行の多くは、事務手数料を借入金の2.1%としております。
3000万を借りた場合、630,000円の事務手数料がかかります。
一方、都市銀行(メガバンク)の多くは、事務手数料は、31,500円のところが多いです。

ネット銀行は保証料が0円の所が多いですが、都市銀行(メガバンク)の場合、56万〜224万程度の保証料が必要になります。ちなみに、都市銀行の保証料は、一括払いで最初に支払うか、金利に0.2上乗せすることで0にするか選択できます。

保証料とは、ローンを支払えない状況になった際に、保証会社にローンを肩代わりしてもらう保険ですが、ネット銀行はこれを利用できないので、住宅ローンの審査が厳しいという話も見かけました。

自分で手続きをしないといけない

ネット銀行を利用する場合、不動産会社に頼らずに、自分で手続きを行わないとなりません。
本審査の為の書類は、思っている以上に書類が多く、専門用語も多くて、とても面倒そうでした。
例外ですが、イオン銀行はインストアブランチという店舗があるので、そこで確認などの対応をしてもらえます。

融通が効きづらい

ネット銀行では、建ぺい率オーバーや、建物面積が60㎡以下などの物件では、ローンが通らないらしいです。
書類の情報を見て、規格からはみ出た物件は弾くという事だと思うのですが、逆に、規格に沿ったいわゆる普通の物件であれば、審査は通りやすいのではいかと思います。

マンションであれば、ネット銀行はかなりアリなのではないかなと思いました。

ネット銀行のメリットは?

金利が安い!! これだけでデメリットが気にならなくなる十分なメリットです。

最終的に選んだのは都市銀行

私は最終的に、都市銀行でローンを組むことにしました。

結局、ネット銀行では本審査を行わなかったのですが、その理由は、先ほど書いた「融通が効きづらい」という部分が気になったからでした。
自分の物件の場合、必要な書類を集めたとしても、その労力が無駄になるんじゃないかと思ってしまって躊躇してしまいました。

実際のところは、本申し込みをしてみないとわからなかったですが、都市銀行の審査が迅速で、すでに内定をもらっていた為、余計にネット銀行が面倒になってしまいました。

初期費用を抑えたかったのと、団信保険のオプションが魅力的だったこと、もちろん金利についてなど、色々比較検討した結果、私は都市銀行を選択しました。

あと、保険を無料で付帯する銀行が増えてきたりしています。
銀行は金利だけでなく、提供しているサービスも比較しながら決める時代になっていくんだと思いました。

わかったこと

  • ネット銀行で感じたデメリットは、審査時間が長い、実店舗が近くにない、初期費用が高い、自分で手続きをしないといけないことなど。
  • ネット銀行は、建ぺい率オーバーなど、はみ出した物件には融資をしないらしい。
  • しかしネット銀行の最大のメリットは、都市銀行よりも金利が安いこと。これはとても重要!
  • ネット銀行は、マンションであれば、借りやすく金利も安いので有利になりそう。
  • 金利だけでなく、保険などのサービスも含めて、自分に合った銀行を選べばよい。
次は、「狭小住宅はローン審査が難しい?借りられる住宅ローンのチェックポイント