Imperia(インペリア)のパスタマシンで作る生パスタ

前回は、パスタマシンでラーメンの自家製麺をつくりましたが、今回は本来の使い方である、生パスタを作ります。

パスタマシンを準備

Imperia(インペリア)のパスタマシン
インペリアの箱

開封します

箱の開封

説明書と本体と替刃とハンドルとか

パスタマシンの全体

本体はどっしり。重たいです。

ずっしり重い

替刃を装着してみます

装備を装着

付属の刃は2mm、6.5mm幅です

刃の写真

装着してみました。かっこいい

装備した写真

ハンドルと台を装着

ハンドルをセット

これをしっかり台に固定します。固定しないと使えません。

台に固定 台に固定の全体像 これでパスタマシンの準備は完了です。

生パスタ作りの材料

生パスタの材料 材料 2人分
  • デュラムセモリナ粉 100g
  • 強力粉 100g
  • 卵 1個
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 水 大さじ2
  • 塩 一つまみ

生パスタを作る

材料を集めます

ボールにセモリナ粉、小麦粉を入れて合わせておきます。
やってやるぜという手つき。
材料を入れる前

セモリナ粉と小麦粉を合わせた粉を入れます

粉を作る

真ん中にくぼみをつけます

くぼみをつける

オリーブオイルを大さじ1入れます

オリーブオイルを入れる

塩をひとつまみいれます

塩をひとつまみ

卵を入れます

卵を入れる

決壊じゃーーー!!となりますね。

くぼみを大きくしておきましょう。
卵の氾濫

混ぜこんでいきます

混ぜ込む どんどん混ぜる 握りながら混ぜる 押しながら混ぜる

水を忘れてた。

水がないとかたまり辛いです。
水が加えないレシピが多いですが、どうやっているんでしょう。
水を入れる

固めていきます

固めていく どんどん固まる 固まってきた

固い生地をこねていくと

さらにこねていく

なんとなく形になります

オウムっぽい。ナウシカの。
オウムのような生地

冷蔵庫で30分から1時間寝かせます

生地を寝かせる

寝かし終わった生地は気持ち柔らかくなっています

元が固かったので、やっぱ固いです。
色が黄色っぽくなった。
寝かし終わり

麺棒で伸ばして行きます。

白い粉っぽい部分が見えてくるけど気にしない。
寝かし終わり

固いけどがんばります

このあとは、パスタマシンが待っていますが、厚すぎる生地を入れると故障の原因になるので、しっかりのばしましょう。
しっかりのばす

パスタマシンに入れて伸ばします

疲れてしまい、少し厚い生地を投入。故障の原因なので注意。
ダイヤルは1→3→5という感じでどんどん薄くしていきます。
ただし、薄すぎると、厚みの無いパスタになってしまうので注意。
のびてきた

伸びて行きます

パスタマシンへ入れる

折り畳んで伸ばします

端のガタガタな部分をごまかそうという魂胆だけじゃなくて、コシがつきます。
ハンドルを回す

何度か繰り返します

生地をたたむ

きれいになってきました

だんだん綺麗になってきた

さらに伸ばしていくと、さらにきれいに。

綺麗な生地になってきた

端と端を繋げて伸ばします。

端をつなげます 端をつなげる様子

端と端を繋げた状態でローラーをどんどん動かします

ローリング状態。ここまでくると勝利を確信できます。
ローリングしながらのばす

どんどん伸びていきます

やっとパスタを作る職人気分です。
どんどん伸ばします

伸びたらローラーから取り外します。

ローラーから外します 綺麗なパスタ生地

打ち粉をしながら巻いていきます

しっかり打ち粉をしないとくっ付いて大変になります。粉は大量投入しましょう。
打ち粉をまく

巻き終わるとこんな感じ

パスタを巻いた

刃の中へ入れて行きます

刃の中へ投入

刃に通しています

パスタをきっていく

回す回数を数えて切り取ります

9回転が丁度よさそう
切れたパスタ

完成した生パスタです

かっこ良くまるめて撮影です。
生パスタの完成

おわりに

今回、生パスタを作ってみてわかったことは、
  • 材料を混ぜる時は少しずつ。
  • セモリナ粉は固くて大変だ。
  • 作業場所は粉だらけになるので、下になにか敷いておこう。
  • 太いパスタのほうがもちっとした感触が強くて好きだな。
  • 保存するよりすぐに食べてしまいたいので、食べる量だけ作ろう
  • パスタマシンは一人だと大変、、
とかですかね。
このあと、カルボナーラを作って食べたので、それはまた次の記事で紹介します。
これからは、パスタは生パスタですね!ってくらい簡単に作れるようになりたいです!

ラーメンを作った時の様子はこちら。