公園でハンモックで寝ながら動画を楽しむ方法

ハンモックを公園に持っていく

曇り空の休日に、いよいよ公園ハンモックデビューです。
まだ人の少ない朝の6時頃、ハンモックを背負って公園に向かいました。
ハンモック持ち出し そう、このIDEEのハンモックは、持ち運びができるのです。

公園にハンモック設置

公園に到着すると、早速ハンモックを設置して、動画鑑賞です。
遠くからハンモック 公園にぽつんとハンモック。ミノムシのように包まれる安心感。さすがIDEEのハンモック。
斜め上から 眼鏡のように装着しているのは、EPSONの販売しているMovelio(モベリオ)です。
目の前に大画面のスクリーンが映し出されています。
スマホを片手に映画を見るのと違って、寝ながら映像を見られるので最高です。
更に拡大 これが今日のスクリーンです。
森林浴 ここにスクリーンを移すとどんな感じに見えるのか、合成写真でご紹介します。
モベリオの見え方 モベリオを外しても自然を満喫しながら昼寝ができますので、ハンモックは、休日を過ごすにはとても良いアイテムだなと思いました。
ちなみに足元はこんな感じでリラックスです。
足元

TEDがオススメ

公園とハンモックの組み合わせで個人的に一番使ってみてよかったのは、TED鑑賞です。
TED 自宅や通勤時に見るのもいいですが、リラックスした中で見るスピーチによって、新しいアイデアが思いついたり、とても良い効果を実感しました。

TEDアプリは、Amazonアプリストアからダウンロードすることができます。公園なので、テザリングやモバイルルーターなどwifiを利用するのが必須です。

公園ハンモックは背中が気持ちいい

外なので風が通ります。ハンモックは通気性抜群なので、背中を風が通る感触を感じながら映像を見ることができます。

公園でも安全に映像を観たい

MOVERIO(モベリオ)は、シースルーのゴーグル型の映写機です。
シースルーだからよかったことがありました。

ハンモックは人通りが少なそうな場所に設置しましたが、実際そういう状況では、どんな人が近づいてくるかわかりません。
当日は、途中にかわいい犬が近づいてきたくらいでしたが、これが危ない人だったらと思うと怖いです。

シースルーのモベリオだと、外が見えるので、近づく人に反応することが可能です。
これは、外で利用するときの利点であり、全部を覆っているタイプのゴーグルには出来ないことです。

イヤフォンをして映画などを見ていると、外界からの情報を得るために頼れるのは目からの情報だけですので、その点モベリオは外出向きの機械だなと思いました。

見える範囲に荷物を置いておけば、盗難防止にもなるかと思います。

外で映画を観たい!

テレビ番組で放送された映画であれば、自宅のBDレコーダーから番組を選んでMOVERIOにコピーしておけば、Twonky Beam! という付属のアプリで見ることができるようです。
ただし、私はBDレコーダーを持っていませんので、試していません。。

当初は、公園でハンモックで映画を観たい!というところから始まった企画でしたが、映画の持ち出しがうまくできませんでした。
2015年8月現在は、MOVERIOで、Hulu、やGooglePlayでの映画鑑賞はできないようです。

ちなみに、MacX DVD Ripper Pro などを使って一般的な著作権のある映画DVDをリッピングをして、SDカードに保存して、Amazonのアプリから、MX Player か VLC for Android を利用して映画を観るのは違法なのでやめましょう。

外出先で簡単に映画を見る方法は、EPSONの詳しい人に今度お会いできたら聞いてみたいと思います。

MOVERIOはハンモックと同時購入がオススメ

というわけで、公園にてIDEEのハンモックという組み合わせは、とても快適でおすすめです。
購入したハンモック 今後は、世の中に映像コンテンツも豊富になってくると感じておりますので、防犯対策も可能なモベリオで映像を楽しむ可能性を探るのも楽しそうと思いました。

自宅でハンモックと映画は手軽で便利

自宅であれば、映画は簡単に観ることができます。
モベリオ モベリオをwifiで繋ぐだけで簡単に観ることがでた様子は前回の記事をご参照ください。

カテゴリ一覧