夏目漱石と大崎善生の好きな共通点

今日は気になった言葉をご紹介します。

世の中に片付くなんてものは殆どありゃしない。一遍起った事は何時までも続くのさ。ただ色々な形に変るから、他にも自分にも解らなくなるだけの事さ。


夏目漱石の「道草」という晩年の作品の中で、主人公が最後に語る言葉らしいです。
道草は実際に読んだことはないのですが、気になったのでメモしてありました。


漱石の、世の中に片付くなんてものは殆どありゃしないよという言葉を見ていて、なんだか大崎善生(おおさき よしお)氏のパイロットフィッシュという作品を思い出しました。
パイロットフィッシュはすごく好きな小説の一つなのですが、このようなことが書かれています。

一度巡り合った人と二度と別れることはできない。なぜなら人間には記憶という能力があり、そして否(いや)が応にも記憶とともに現在を生きているからである。


なぜ自分は、この2つの作品中のこれらの言葉をこんなに気にするのだろうかと考えたときに、それは「潔さ」だったり、「あきらめる強さ」というような感覚に強い魅力を感じるからなのかなと思いました。
過ぎ去った過去をどうにかしようとしても、どうすることもできません。

  • なんとかなるさー。
  • あったことはしょうがない。
  • さぁ、次行こう!

こんな言葉は未来志向で大好きです。

漱石や大崎善生氏の言葉も、過去をいじくらない、潔い自然な姿勢を言葉や文章で表現している部分が好きなんだろうなと思いました。


道草 (新潮文庫)


著:夏目 漱石

参考価格:¥460

価格:¥460

OFF : ()


パイロットフィッシュ (角川文庫)


著:大崎 善生

参考価格:¥500

価格:¥500

OFF : ()