浅草にある老舗の人気パン屋さん「ペリカン」を知っていますか?

浅草には、「ペリカン」という有名なパン屋さんがあります。
老舗が多いイメージの浅草ですが、ペリカンも昭和24年創業の老舗のパン屋さんなのです。
ペリカンの袋 紙袋に大きなペリカンのロゴが入っています。
今回は、このペリカンのパンを購入してきましたのでご紹介します!

噂では午後に行くと買えない?

このパンを食べてみたいと思って、噂を集めてみました。
  • 予約で完売してしまう。
  • 午前中で売り切れなんてよくある話。
  • 開店と同時に行けば買える。
人気のパン屋さんということがわかりました。常連さんは予約をして買っているようです。

ところで、ペリカンでは、どんなパンが売っているのでしょうか?

販売しているのはシンプルなパンだけ

町のパン屋さんと違って、お店で売っているパンの種類は、大きく分けて、食パンとロールパンの2種類だけです。(ホームページには、ドックパンやハンバーガー用の丸いパンも掲載されています。)

食パンはもっちりとした食感。
厚めにきる ロールパンは、小ロールと中ロールの2種類あります。
ロールパン
とってもシンプルです!これだけを売り続けるペリカンのパンです。しかも老舗ということで。どんな味がするのか興味がわかないはずがありません、ということで、開店8時にペリカンに行ってきました!

噛めば噛むほど味わい深い食パン

平日のとある日、開店8時の5分前にお店に着いた時には、数人の列ができていました。

午前中に売り切れることも多いので、予約をするのが確実です。
開店の朝8時に買えるパンは、食パン類。こちらは1斤サイズです。
一斤 パンは持つとずっしり重く、袋の中からは美味しそうな焼きたての香りがもれていました。
袋についている水滴が、焼きたての証拠ですね!
水滴 一斤サイズの食パンは、通常の食パンより一回り小さめです。
1.5斤や2斤は、一回り大きめ。普段よく目にするサイズです。
大きめサイズを食べたことはないのですが、食感に若干の違いがあるとか。
今度食べ比べてみたいです。
袋から出した様子 中はもっちりしていました。
もっちりしてる まれに、前日に残ったロールパンが運良く買えることもありますが、開店時に買えるのは、基本的には食パン類だけのようです。

ロールパン類は、お昼頃に焼きあがる、とお店の方にうかがいました。

ふんわり食感のロールパン

ということで、別の日に買いに行ったロールパン。
予約で完売することもあるほどのロールパン。
ロールパンの見た目 絶妙な焼き加減のロールパンはバターロールのような形です。
ですが、バターたっぷりのバターロールという感じではありません。
みっちり詰まった生地をよく噛むと、塩気と甘みのいいバランス加減。
温めて食べると、さらにうまい。そのままでも十分美味しいパンでした。
断面 中ロールと小ロールのサイズの比較。
サイズ比較 割ってみるとこんな感じ。
のばしてみる 伸ばした断面 よく伸びます。
パンの断面 この写真で食感が伝わるでしょうか?

ドックパン

ドックパンも運良くあったので、購入しました。
ドックパンの袋 袋を開けてみるとこんな感じです。
ドックパン 中を割ってみると、みっちりと詰まっていました。
ドックパンを割る ドックパンの断面

ペリカンのパンを予約する

ペリカンのパンは、基本的に予約するのがオススメです。
お店の方によると、前日の15時までにお願いします、との事でした。

ホームページにも情報があります。

週末などは早い時間でパンがなくなることもございます。 あらかじめ前日の15:30までに電話注文していただくことをお勧めしております。 なお、生産数の都合により、数の制限をさせていただくこともございます。ご了承くださいませ。 土曜日は当日のご予約はお受けできません。前日15:30までご連絡分でご予約を承ります。

宅配でも注文できる!

電話で注文し、郵便振替、代引きで支払いをすれば通販が可能なようです。
詳しくは、ペリカンの公式ホームページを御覧ください。

上野駅でも購入できる!

上の小ロールと中ロールは、上野駅にある「のもの」というお店で購入しました。
14時〜の限定販売で、一斤、山形パン、小ロール、中ロールがありました。
ここでも、列ができていたほどでした。

その他の町の販売店でも売られている所もあるようですので、浅草近辺で、見つけたら即買いをおすすめします!