28. 見積もりや初回の打ち合わせが楽になる「リフォーム要望書」の作り方

リフォームのイメージを伝えるのは難しい

リフォーム会社と打ち合わせが始まったら、やりたい内容を伝えないといけません。

打ち合わせの時間は限られています。
その中で、全ての内容を出しきり、伝えることは大変です。

しかも、こちらは建築の専門知識を持たない一般の人間です。
自分の理想の暮らしをイメージして、リフォーム会社へ伝えるのは結構難しいです。

そこで、リフォームの要望書をあらかじめ作っておき、当日口頭で伝えるよりも先に、メールで送っておきました。
そのおかげで初回の打ち合わせから、話をスムーズに進めることができました。

基本的な要望書の書き方

フルリノベーションは、規模が大きいので、漠然としたイメージになりがちです。
まずは、「自分たちがどうしたいか」を伝える為に、とにかくやりたいことを自由に書き出します。

書き出し方は自由ですが、箇条書きで書き出した内容を項目ごとにまとめるだけでも、見やすくなります。
とにかく、イメージを相手に伝える事が重要です。

私が書いた要望書(公開用に修正したもの)をサンプルとしてご紹介します。
間取りはサンプルで磯野家です。

要望書のサンプル

図面は、売主が用意していたリフォームの見積書に含まれていたので、それをスキャンして利用しました。
図面が手元にない場合は、不動産屋から取り寄せることも出来るかと思います。

自己紹介

1行程度で家族の紹介を書いておきます。
どんな人が住むかリフォーム担当者にも理解してもらう為です。

優先順位

やりたいことを書きだした後は、それらに優先順位をつけます。
全部ができるわけではないので、担当者に何を重視したいのかを伝える為です。

気になること

家の中でリフォームをするにあたり、気になることがあればここにまとめておきます。
打ち合わせの時に全て確認してスッキリすることができます。

間取り

家の間取りに対して、優先順位で書いた内容を当てはめてみました。
キッチンの場所を変更したいなどあれば、そのように指示を書きます。

PDFに印刷して打ち合わせをする

ここまで作成しておけば、リフォーム会社にやりたいことを汲み取ってもらいやすいので、具体的な話へ進みやすいです。
打ち合わせ時に、PDFにして印刷して用意しておけば、確認しながら話を進めることができるので便利だと思います。

自分の場合、これを元に「できるできない」を含め話し合い、見積もりを出してもらいました。

わかったこと

  • やりたいことを、その場で出すことは難しいので、あらかじ要望書に落としこんでおく。
  • 要望書は、相手に伝えることが目的なので、書式や見た目はなんでも良い。
  • リフォームのイメージを口で伝えるのは難しい。共有するためのツールを用意すること。
次は「リフォームの一式見積もりは悪なのか?やってみてわかったこと

中古住宅を購入してリノベーションを行った5ヶ月の道のり 全50記事一覧

中古住宅購入 トップページ
1. 中古リノベのビフォーアフター写真