44. うちのドアフォンは撮影した写真を自動でスマホに送ってくれます

防犯対策としてのドアフォン

マンションの玄関扉は、建物の中にあり、オートロックならさらに安全性が増します。
ですが、戸建ての扉は、道路から見える場合が多く、防犯意識が急に高くなってしまいました。

フェンスやシャッター、複製の出来ない鍵など、色々防犯対策は考えられますが、中でも、私が注目したのはドアフォンでした。

写真をメールで送るドアフォン

購入したドアフォンは「swd701kl」です。
ドアフォン 最大の特徴は、来訪者が来た時に、自分が外に居ても、スマートフォンに写真がメールで送られることです。
スマホに画像送信 万が一家に空き巣が入ったとして、その前にドアフォンで在宅を確認していたら、犯人がわかるかもしれません。

写真をみてソワソワする..

とはいえ実際は、送られてきた写真を見たところで、何もできないのでソワソワするだけです。
家は小さいし、盗まれるものは特に無いので、メールで画像を送る機能は、やりすぎかも?と思う事はあります。

2階でモニターが見られるのは便利

この商品で、実際に最も役に立っているのは、コードレスの子機です。
2階で仕事をしていても、モニターを見ながら、ドアフォン越しに通話できるのは、便利でとても役に立っています。チャイムが鳴ったら、走って1階へ行くなんて事をしなくて大丈夫です。
ドアフォン子機

設置場所

このドアフォンには、一つ不満があって、ドアフォンに直接LANを繋げないということです。
メールを送る機能の為だけに、モデムの場所をドアフォンの隣にしました。コダワリです。

ただし、ルーターとドアフォンが遠くても、コンセントに差し込むだけの簡単PLCキットを利用すれば、コンセントを利用して、無線で繋げるアイディアもあるようです。

IFTTTを利用したスマホ連携

IFTTTとは「きっかけ」と「行動」をコンビネーションできるアプリです。

このアプリを使えば、「自宅からメールが届く」と「iPhoneに通知させる」という動きも可能です。こういった連携を楽しめるのが、個人的にはとても楽しいです。

わかったこと

  • 来訪者の写真を撮ってメールを飛ばせるドアフォンがある。
  • 実際は、外出先でメールを見るとソワソワするだけだった。
  • ネットと家電を繋げるのが趣味な人なら楽しめそう。
次は「ゴミ置き場の確認方法。ごみ収集の方法を役所に教えてもらった

中古住宅を購入してリノベーションを行った5ヶ月の道のり 全50記事一覧

中古住宅購入 トップページ
1. 中古リノベのビフォーアフター写真