sublimetext2のProjectを利用したファイル検索と修正作業の進め方

大きなプロジェクトのコーディングをしているときに、修正したいファイルが出てきた場合、
sublimetext2を利用していれば、フォルダから探していかなくても、ファイルを楽に一発で検索することが可能です。

プロジェクトを追加する

まず、プロジェクトの入ったフォルダをsublimetext2に、ドラッグアンドドロップしてプロジェクトを作ります。
プロジェクトにすることで、対象のファイルの中身を検索できるようになります。
プロジェクトを作成

文字列の一部やidとかがわかっている場合

comand + shift + f で必要な文字列とか検索することができます。
検索画面 検索した内容が入っているファイルをひと通り検索してくれます。
検索結果 検索結果のファイルをクリックすると、ファイルを開くことができるので修正します。

ファイル名がわかっている場合

comand + p で直接ファイル名を指定して修正
hoge/hoge.html とかの指定で、一覧で絞り込んで行くことも可能です。
indexなど同一のファイル名が多いファイルは、フォルダから入力すると検索候補を絞り込むことができます。
ファイル検索

プロジェクトを削除する

左のサイドバーの対象プロジェクトを右クリックして、
Remove Folders from Project」 でプロジェクトを削除することができます。
ひとつリムーブ プロジェクトを全部削除スル場合は、上部ツールバーの中「Project」より、
Remove all Folders from Project」 で全部を削除することもできます。
全部リムーブ 選択したファイル間違いなど、ちょっとしたミスを減らしたいので、作業するプロジェクト以外のファイルは削除するようにしています。