タイフェスの様子をお届けします!混雑具合とオススメの楽しみ方

タイフェス開催情報!

日時:2016年の5月14日(土)〜5月15日(日)の2日間
開催時間:10時から20時まで(20時に蛍の光が流れはじめます。)
5月といえば、毎年恒例のタイフェスティバルの季節!
東京の代々木公園で開催されています。
朝のタイフェスの入口

タイフェスとは?

タイと日本の親交をより深める事を目的に、タイ王国大使館の主催で開催されているイベントです。
タイ料理や、タイの文化と伝統を堪能できる2日間になっています。
2016年は、東京の代々木と名古屋の、2箇所で開催。

会場のお店の様子を写真で紹介

気になったお店を一気に写真でご紹介します!
タイ料理の4品盛りセット タイ料理の4品盛りセット、たっぷり盛り。
(ガパオ、パッタイ、カオマンガイ、ヤムウンセン)
とりあえず、色々食べたくて、これを最初に購入しました。
タイ料理の4品盛りセットたっぷり タイフェスのお店に行列 タイフェスのお店 タイフェスのカオソイとかあるお店 タイフェスのマンゴーのカキ氷 タイフェスのタイ料理2品盛り タイフェスのタイ食材のお店 豚皮のお菓子 辛党セットと甘党セットも購入
辛党甘党セット 以前は、カノムコックは売っているお店が少なく、1つのお店にかなりの行列ができていましたが、今年は扱うお店が増えていました。
カノムコックは美味しい タイフェスのデザートの店 タイと言えばの、シンハービール。
タイフェスのシンハー プーケットビール!
タイフェスのプーケットビール 変わったドリンクのお店。
タイフェスのドリンクの店 パクチーヌードル。
タイフェスのパクチーヌードルの店 グリーンカレーヌードルのお店も。
タイフェスのヌードルの店 生米麺のお店です。
タイフェスの生米麺のお店 ドリアンもたくさん。
タイフェスのドリアン

食事以外にも食材や商品もたくさん

タイ酢。日本のお酢と違って、つーんとしません。
タイ酢 タイ風醤油。日本の醤油とは味がちがいます。
タイ風醤油 タイすきソース。
タイすきソース パッタイソース。
パッタイソース パクチーはたっぷりで300円。
タイフェスのパクチー ジャスミンライスの店。
5kgで2,000円は安い!
次の日に行ったら、ジャスミンライス5kg、もち米5kg、両方完売していました。
ジャスミンライスの店 タイのもち米もあります。5kgで1,800円
タイフェスのタイもち米 レトルトタイプもあります。
タイもち米レトルト タイの出張寺院。
タイの寺院 タイパンツも売られています。
タイパンツ 伝統工芸のカービング。
カービング タイの洋服。
タイの洋服の店

混雑具合は?

10時、11時、15時、19時の会場の様子を撮影してきました。
まずは、混雑状況をチェック。

10時を過ぎた頃

ステージ側は、人が並んでいるお店もありますが、まだまだ空いている様子。
タイフェスを上から見た様子 10時 入口側はすでに席が埋まっているのがわかります。
タイフェスを上から見た様子 10時 まばら

11時を過ぎた頃の様子です。

人が増えてきました。道は少し歩きづらくなってきています。
タイフェスを上から見た様子 11時 入口側は、だいぶ人でごった返してきました。
タイフェスを上から見た様子 11時 増えてきた

15時を過ぎた頃の様子です。

人の混雑がとんでもないことに。
タイフェス ステージ側15時の様子 隙間があるように見えますが、結構なカオス状態。
タイフェス 入口側15時の様子

19時頃の様子

タイ政府の案内などがあり、落ち着いたブースが多いためか、ステージ側はだいぶ人が少なくなってきました。
夜のタイフェスの様子 19時頃  入口側は、まだかなりの人です。
夜のタイフェスの様子 19時 混雑

代々木公園でピクニック!

こんな混雑をしている代々木公園のタイフェスですが、購入してきたご飯は、橋を渡って、反対側の代々木公園でピクニックをしながら食べると落ち着けます。
代々木公園へ 反対側の代々木公園には、タイフェスの屋台はありません。
上から見た公園の様子 広い芝生に、レジャーシートを敷けば気分はもうピクニック。
タイ料理でランチ スイカのスムージー
スイカスムージー もちろんシンハービールも一緒です。
芝生とシンハー 芝生は広くて日かげもあるので、オススメです!
代々木公園でピクニック ちなみに、11時くらいの公園の様子はこんな感じです。
ピクニックの人でいっぱい

マンゴーは人気で、すごい行列でした。

朝からマンゴーは大人気。
タイフェスのマンゴーに行列 ただ、夜に行くと、行列はなく、並ばずに購入できました。
並んでいない夜のマンゴー屋 となりのお店でカットマンゴーを購入。甘くてめっちゃうまい。
マンゴー美味しい

デザートをテイクアウト

こちらのお店で、デザートを買って帰りました。
タイフェスでデザートタイム 珍しいデザートが色々とありました。
珍しいデザートも発見

カノムモーゲン

私の大好物のデザートです。
原材料は、緑豆、ココナッツミルク、卵、砂糖
ここのお店は、タロイモじゃないのか。少し味が違いました。
カノムモーゲン

ロートチョーングタイ

あまーい!甘いのが好きな人は好きかと思います。
甘すぎて最初びっくりしましたが、なぜか止まらない。。つるつるのどごしが良いです。
原材料は、米粉、パンダンリーフ、ココナッツミルク、砂糖
ロートチョーングタイ

タコープアック

原材料は、米粉、里芋、水栗、ココナッツミルク、砂糖でできているのだとか。
水栗はクワイのことのようです。食感はサクサクしていました。
タコープアック

ココナッツ

あと、別のお店で、ココナッツミルクとココナッツチップを購入しました。
ココナツミルクは150円。お安い!
ココナツミルクとココナツチップ

タイフェス事情

バスでくる人達も見かけました。
タイフェスにバスで来ている人も 朝の10時前から席取りは始まっています。
タイフェスで席取り タイ国際航空に行列です。
タイ国際航空に行列 航空券が当たるかもしれません。
航空券が当たるかも 渋谷NHK側の入り口も、同じ門構えです。
タイフェス渋谷側の入口 渋谷NHK側にはトゥクトゥクが販売されていました。
タイのツクツク

おわりに

タイフェスは、年の一度のお祭りなので、我が家では恒例の行事になっています。
2種盛りや3種盛りなど、色々なタイ料理を一度に沢山味わうことができるのが、最大の魅力だと思います。
また、タイの食材は、安くて珍しい物も多くあり、買い物が楽しいです。

タイフェスティバル公式サイト

カテゴリ一覧