俺、すぐ忘れちゃうんだを証明した人

エビングハウスの忘却曲線というメモがありましたので、これを調べてみました。

ドイツの心理学者エビングハウス氏は、自ら「子音・母音・子音」から成り立つ無意味な音節(rit, pek, tas, …etc)を記憶し、その再生率を調べ、この曲線を導いたそうです。

  • 20分後には、42%を忘却し、58%を覚えていた。
  • 1時間後には、56%を忘却し、44%を覚えていた。
  • 1日後には、74%を忘却し、26%を覚えていた。
  • 1週間後には、77%を忘却し、23%を覚えていた。
  • 1ヶ月後には、79%を忘却し、21%を覚えていた。

どうでしょう、この結果で言うと、記憶してから1時間後には56%を忘れ、1日後には74%を忘れてしまうそうです。

物事は忘れても仕方ないんだよ、という感じでしょうか。
自分は忘れっぽいのでなんだかホッとした気持ちにもなりました。

忘れ物をしたときは、これを言い訳にしようと思います。
「人間1日経てば、74%は忘れちゃうんだよ~」
なんてね。

記憶は、短期間だけ覚えていられる「短期記憶」「繰り返し」によって長期間にわたって覚えていられる「長期記憶」のレベルまで引き上げることができるといいますが、なんでもかんでも74%忘れるんじゃなく、長期記憶のレベルまでもっていく努力も大切ですね。

また、この結果には、再認可能な「忘却」と「完全忘却」を区別していないという批判もあるそうです。