Xmarksのブックマークが自動で増える時の対処法

Xmarks Bookmark Sync
非常に便利なサービスです。
ただ、たまにブックマークが大量に増えたりとおかしなことがあったので、その解決策をメモしておこうと思います。

ブックマークが増えたりおかしくなる原因はGoogleChromeの自動ブックマーク同期です。

この自動同期設定をOFFにすることで解決します。

Xmarksのブックマークがぐちゃぐちゃになってしまった場合の戻し方と、Chromeの同期の停止方法

Chromeの同期の停止方法

まずはChromeのブックマーク自動同期を解除します。

ツールバーの一番右側にあるボタンをクリックしてChromeの設定画面に入ります。

設定画面の「同期の詳細設定…」をクリックします。

同期するデータタイプを選択の中にブックマークがあるのがわかります。

ブックマークのチェックを外して「OK」をクリックすればChromeによるブックマークの自動同期がされなくなり、Xmarksを入れていればXmarksのブックマークが壊れることはなくなります。

壊れたXmarksを修正

Xmarksには過去のブックマークに戻せる(修復できる)機能があります。
そうバックアップがあるのです。

バックアップされた過去のブックマークに戻す方法を見てみましょう。

まずは、https://my.xmarks.com/にログインします。
こちらでXmarksは全て管理されています。

ログインしましたら、MyXmarksに入るとこのような画面になるかと思いますので、「Tools」をクリックして上から3つ目にある「Explore&Restore Old Bookmarks…」をクリックします。


このような画面がでてきますので、左側のチェックボックスに戻したい時間を選んで、上にある「Restore」をクリックします。


これで修復が終わりましたので、Closeを押して閉じます。

修復したブックマークをブラウザに戻す

オンライン上のXmarksは修復しましたが、まだ手元のブラウザのブックマークはぐちゃぐちゃのままです。
これを修復したいと思います。

Chromeを例にやってみましょう。
まずは右上のXmarksボタンを右クリックして、「オプション」をクリックします。

このようなオプションの画面が出てきます。

一番右側の「Advamced」をクリックしするとこのような画面がでてきますので、下の方にある「Download Bookmarks」をクリックしてください。

これで修復が完了ですので、Closeを押して閉じます。

Firefoxも同じような手順で修正したブックマークをダウンロードできますのでやってみてください。

以上、Xmarksのブックマークがおかしくなった時の対処法でした。

IEに関して補足

今回の修復とは関係ないですが、IEでXmarksをシンクさせると、表示されている順番が変わってしまいます。
これは日本語がサポートされていないからです。

一番上の階層のフォルダは日本語を利用しないのがベストです。
文字化けを起こすこともあるので、要注意です。
もちろん、IEではXmarksを利用しないと決めれば、日本語をフォルダに利用しても問題ありません。

iPhone,iPadアプリのChrome

2012年の7月にChromeアプリがリリースされました。
アプリ版Chromeは自動同期が売りなので、Xmarksを利用する為に自動同期を切ると同期がされません。
一緒に利用できる方法が見つかりましたら、追記をしたいと思います。