モダンなデザインで人気の波佐見焼。九州の窯元まで行ってきました


くらわん館とやきもの公園 「世界の窯広場」

MAP_くらわん館
次に向かったのは、くらわん館
くらわん館
波佐見町内の35の窯元や商社・伝統工芸士のやきものや、その他お土産品が販売されていました。
2階には、焼き物の資料も展示されていました。写真NGだったので、外観のみ。
くらわん館の斜め向かいにあるのは、やきもの公園 「世界の窯広場」。
こちらは、白山陶器の平茶碗などで有名な森正洋さんデザインの公園なんだとか。
登り窯
世界中の窯が展示されていました。窯にも色々な種類があるんですねー!
世界の窯その1
パノラマ写真はこんな感じです。
世界の窯その2

マルヒロ、土蔵(陶もと)、アイユー、natural69

MAP_マルヒロ

hasamiのマルヒロ

やきもの公園から向かったのは、マルヒロ。車で10分もかからずに着きました。
最近、都内でもよく見かけるハサミマークのあの食器のお店です。
マルヒロ
店内の様子はこちら。カラフルな食器がずらりと並んでいました。
マルヒロ店内その1
我が家でも、紫と水色を所有していますが、普段使いに便利で重宝しています。
マルヒロ店内その2 マルヒロ店内その3 マルヒロ店内その4

土蔵(陶もと)

マルヒロから向かったのは、土蔵(陶もと)。
落ち着いた外観が素敵なお店でした。
土蔵
中の様子はこちら。
土蔵内観その1
絵付けにこだわった商品が多くあった印象です。
土蔵内観その2

アイユー

そろそろ陽も落ちてきていたので、少し急ぎながら向かったのはアイユー。
アイユー
こちらがギャラリーの様子。
かわいい波佐見焼がたくさんあって、目移りしてしまいました。
アイユー店内その1 アイユー店内その2 アイユー店内その3
お話をしていると、お茶までいただいてしまい、本日4度目のティータイム。
波佐見町の方々は、本当におもてなし上手だなと思いました。
アイユーでお茶
アイユーさんは、オリジナルの商品も作っている商社で、親切なご主人に、作家さんが作るような陶器を探しているという話をしたところ、「松原工房」を教えてもらいました。まだやっていると思うということだったので、急いでこの後向かうことになりました。

natural69

その前に、アイユーさんに伺う前に、途中に気になったお店が、natural69
17時を回っていたのでもう閉店しているかなと思いつつ伺ってみましたが、かわいいお子さんと共に迎えて頂きました。
natural69
こちらのお店も、かわいくて自分好みの作品がたくさんありました。
行った時は丁度セール中だったので、お安く買えたりしてラッキーでした。
natural69内観その1 natural69内観その2

松原工房

MAP_松原
追記;
2017年8月31日に、記事でご紹介している松原工房 西の原ストアは閉店し、長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷1750−1 へ移転したそうです。
なお、松原工房さんは、2019年の春にすべての活動を終了するそうです。
波佐見町は、だいたい17時に閉まるお店が多いので、17時半を過ぎていたこの時、閉まってるかもと諦めつつ松原工房へ向かいました。
実は、ランチをいただいた、モンネ・ルギ・ムックの道をはさんだ向かいすぐの所にあるのですが、見逃していました。
モンネ・ルギ・ムックの道をはさんだ向かいに、自動販売機があり、その脇に看板があります。
松原工房
17時50分に到着したのですが、18時閉店だったそうで、ぎりぎりセーフ。
それでも、店員さんは「全然構いませんよー」と笑顔で迎えてくれました。
(※2014年から営業時間が10:30〜17:00に変更になりました)
外観はこちら。かわいいディスプレイです。
松原工房外観
内観はこちらです。
作品は、すべてオリジナルで、ろくろ師絵付け師の2人で制作しているそうです。
松原工房内観
機械化が進む波佐見焼の中で、こういった伝統技能を守り、素敵なデザインの作品を送り出す、松原工房のブログはこちらです。
かわいらしいデザインであふれていて、他では見られないモダンな色使いのお皿がたくさんありました。
食事の時間が楽しくなりそうな器は、見ているだけで飽きません。
購入したら、かわいいおまけをつけてくれました。
松原工房おまけ

おわりに

というわけで、今日の波佐見町めぐりはおしまいです。
予約をしていた佐世保のホテルへ向かいます。
佐世保駅
待ちに待ったちゃんぽんを食べて。
ちゃんぽん
待ちに待った皿うどんを食べて。
皿うどん
波佐見町を巡る、波佐見焼を買ってきた1日はおしまいです。

とても、充実した波佐見焼とのふれあいでした。
お茶をたくさんいただきましたが、平日で人が混んでなかったからでしょう。平日でよかったです。

今回の旅では、約15ヶ所くらいのお店を回りました。
行く前に気になっていたのは、1日でどれくらい回れるのか。
波佐見町観光協会のサイトを見ると、40以上もの磁器のお店、窯元が紹介されております。
全てを回るのは無理だと思いましたが、予測がつかなかったので
大雑把な計画を立てて、行ってみました。

波佐見町観光協会のサイトによると、営業時間が9〜17時のお店が多いように思いましたが、
お店によっては10〜17時、8時半〜17時、などとそれぞれ違っていたりもしました。
私たちは、mignon到着が10時半くらいだったので、少しスタートが遅かったかも。
車を使って、9時〜現地をスタートできれば、20ヶ所以上は回れると思います。

行く先々で、陶器が好きなんですねーと声をかけて頂いたのですが、周りのお客さんに比べると、少しがっつき過ぎたかもしれません。
それでも波佐見町の人たちはあたたかく、私達を迎えてくれました。ありがとうございました!
今度は波佐見焼の陶器市の、波佐見陶器まつりにも行ってみたいです!
そして、波佐見焼の陶器市に行ってきました!様子をまたまとめましたので御覧ください!