Macに乗り換える時に覚えたショートカット備忘録

coda2を購入したことをきっかけに、Macを利用しようと決意したものの、やはりWindowsからMacへのいきなりの移行は難しいなと感じておりました。

まずは、借り物のMacで慣れるようにがんばってみようと思い、はじめに調べたのがMacのショートカット。
まとめサイトがたくさんあったので、その中から、知っておくと気分良く動かせるイメージの強いショートカットを集めてみましたので、備忘録として残しておきます。


Macのショートカット


アプリの立ち上げ

control + SpaceでSpotlight
アプリ名の頭を入れると出てくるのでEnter

Finderが最前面にあるとき

command + shift + H ホームフォルダ
command + shift + A アプリケーションフォルダ
command + shift + U ユーティリティフォルダ

command + control + eject 再起動
command + control + option + eject システム終了
command + option + eject スリープ

command + option + D ドックを隠したり表示させたり

Finderのリスト表示でoptionを押しながらフォルダ横の矢印をクリックすると
その下の階層が全て展開される。

Safari

Safariでリロードする command + R
Safariで戻るはdeleteキー、進むはshift + delete。

切り替え

アプリの中で複数の窓の切り替え command + F1

音に関すること

option + shift + 音量調節
で通常の1/4細かく制御できる

ドラッグ&ドロップ

ドラッグ&ドロップを途中でやめたい時、escキーで解放

メモしたい所を範囲選択してそのままデスクトップにドラッグすると簡単にメモをとれる

文字変換

option + z ひらがな
option + x カタカナ
option + c 全角英字
option + a 半角カタカナ
option + s 半角英字

ボタン

deleteボタンはWinで言うバックスペース。普通にdeleteしたい時は、fn + delete

フォルダ

QuickLook
ファイルを選択している状態でスペースキーを押すとQuickLook
これは便利。

Finderでファイルを開くとき
command + o
enterだとリネーム(Winと違うので注意)

ファイルを削除するとき
command + delete

スクリーンキャプチャー

shift + command + 4で範囲指定してスクリーンキャプチャー
3で画面全体


まずはこれらを覚えながらMacをいじってみたいと思います。