1. ホーム
  2. 中古リノベーション
  3. 37. リフォーム現場の様子はこちら。毎週通って撮影しました

投稿日:2015年6月7日
更新日:2015年6月11日

現場を見に行く

リフォーム中は、毎週土曜日に現場を見に行きました。
その他にも、必要に応じて伺っては、写真を撮影しました。

少し長いですが、時間を追ってみたいと思います。

リフォーム前

リフォーム前の写真です。

1週間目

訪れてみると、すでに廃材の山がありました。最初はとにかく解体です。
玄関も壁を抜いて広がっています。
床もぶち抜かれていました。
お風呂場も早速解体です。
勝手口のガタガタの床も取り壊しです。
2階部分も扉のあった部分は解体です。
引き戸の為の枠ができていました。

2週間目

木材が運び込まれていました。
お風呂場で作業中の大工さん。
電気配線の工事中。
床下の配管も工事していました。

3週間目

換気扇のダクトが登場
玄関は壊されて、ビニールシートで覆われています。
勝手口は綺麗にコンクリートが入っていました。
剥がした床部分が、埋まってきました。
床下収納の穴も作ってもらいました。
大壁が少しづつ作られています。

4週間目

LIXILの扉が入りました。
何も無いところにトイレが出来上がってきました。
トイレに座るシミュレーションをしてみたり。
フローリングのサンプルを並べて検討中です。
下地ラインとかメモ書きしながら作業していました。
洗濯機置場ができてきました。
この時は天井の中が見えました。
外壁のサンプルを作ってくれました。
半ツヤの真ん中の色を選択しました。

5週間目

引き戸の壁ができあがってきました。
収納をとっぱらい、部屋が広がりました。
ドアをやめて広げた開口部に高さ低めの壁が作られました。
大工さんが作業台を作って作業中でした。

6週間目

お風呂場にハーフユニットが入りました。
大壁も完成して、階段下もすっきりしてきました。
床下収納が入りました。
床下収納の中はこんな感じ
外壁を黒く塗りました。
全ての木枠を濃く塗ってもらいました。
はみ出ている部分は壁紙で隠れます。

7週間目

トイレの排水口も出来て、あとは便器を設置するだけ。
フローリングはヘリンボーンで敷いてもらいます。
とても細かい作業です。
玄関の土間は炭を入れて黒くしました。
収納扉も濃い茶色で塗装をしてもらいました。
クロスがはられて完成に近づいてきました。
お風呂場のドアも設置されました。

7週間目の平日

今日はキッチンをここに設置します。
平行を図りながらの作業です。
換気扇を取り付けます。
棚を設置していきます。
ヘリンボーンのフローリングの敷き詰めが進んでいます。
奥の部屋はすでに完成。
階段の上にもフローリングが貼られていました。

8週間目

お風呂場の壁もできあがりました。
キッチンがほぼ完成しました。
ドアフォンも取り付け完成です。
トイレの便器が設置されました。
バルコニーの床板の張替えも完成。
階段にもクロスが貼られていて完成です。
玄関の内側には引き戸を設置。
2階の部屋に引き戸を設置。
収納もばっちりです。
洗濯機置き場も完成。
洗面台も設置。

8週間目の平日

キッチンもこの通り完成しました。
最後に給湯機のリモコンを設置しました。

という工事内容でした。

外壁や外の様子は、プライバシーの兼ね合いで掲載しておりませんが、足場が組まれていて、まさに工事現場でした。
このあとの記事では、キッチンやトイレなどの水まわりなど、完成した様子をお伝えしたいと思います。

わかったこと

  • リフォーム工事の現場は色々な職人が参加して工事をする。
  • 中古の現場は多くの問題が出てくるので、現場は時々見に行き、リフォーム会社の担当者にわからない部分を質問してもらうとよい。
  • 腕の良い大工は、中古の難しい状況でもアイデアを提案して対応してくれる。
次は「キッチンはLIXILのアレスタを購入。使ってみてわかったこと
Exit mobile version