ドライキーマカレーを自家製カレー粉を使って作りました

自家製カレー粉を使ったドライキーマカレー

20種類のスパイスを使った自家製カレー粉パウダーで、ひき肉のドライカレーを作りました。
自家製カレー粉で作ったドライキーマカレー

ドライカレーとキーマカレーの違いは?

今回作るカレーが、キーマカレーって呼べばいいのか、ドライカレーって呼べばいいのか、わからなかったので調べてみました。

キーマカレーは、ひき肉を使ったカレーのことで、ドライカレーは、文字通り、ドライなカレーのことのようです。ドライカレーがざっくりなので、もう少し掘り下げて詳しくみてみると、
ドライカレーは日本のカレーライスのバリエーションで、現在、次の3つのスタイルがドライカレーと呼ばれています。

ドライカレー(挽肉タイプ)挽肉とみじん切りにした野菜を炒め、カレー粉で風味をつけ、スープストックなどを入れて煮詰め、平皿に盛った白飯に載せた料理。インド料理のキーマカレーに似ているが、汁気はずっと少ない(挽肉タイプ)
ドライカレー(炒飯タイプ)カレー風味の炒飯であり、家庭で簡単に作れる「ドライカレーの素」や冷凍食品が各社から発売されている(炒飯タイプ)
「カレーチャーハン」とも呼ばれる。
カレーピラフ生の米と具材を一緒に炒め、炊き上げたもの(ピラフタイプ)。写真は、パキスタンやインドの家庭料理タハリ。
出典:wikipedia、ヲ的等弐伊訳氏、他
なるほどー、今回目指すのは、ドライカレーのひき肉タイプですね。
ただ、ドライカレーというと、ピラフを想像してしまいそうなので、あえてここは、ひき肉を強調するべく、
ドライキーマカレーって呼ぼうと思います。

自家製カレー粉でドライキーマカレーを作ろう

さぁ、今日は、前回作ったカレー粉を使ってキーマカレーを作りますよー。
カレー粉パウダーのできあがり
おぉ、20種類のスパイスをブレンドしたカレー粉で作るカレー待ってました!
キーマカレーってひき肉のカレーですね。
そうそう、今回は、キーマカレーといっても、ドライカレーを作ります。
20種類のスパイスを使ったひき肉のドライカレーって感じですね!
いいですね!作り方はこんな流れです。

料理の手順

  • 材料を準備する
  • ターメリックライスを炊く
  • ひき肉にナツメグ、塩、胡椒で下味をつけておく
  • トマトは皮をむき、粗みじん切りにする
  • 玉ねぎ、ニンジン、ショウガはみじん切りにする
  • ニンニクはすりおろす
  • フライパンで野菜をじっくり炒める
  • ひき肉を別で炒め、余分な油をとる
  • トマトを入れ、水分がなくなるまで炒める
  • カレーパウダー、塩を入れ、5分ほど炒める
  • コンソメ、水、胡椒を入れ、水分がなくなるまで炒める
  • ターメリックライスと合わせて、出来上がり
今回のポイントは、玉ねぎの甘みを引き出すことです。
甘みってどうやって引き出すんですか?
強火でフライパンを振りまくることですね。
ちなみに、勉強したわけではないので、これは勘なんですけどね
おお、そしたら、今日はそのワザも見れるのですね!
技ってほどでもないです。雰囲気、雰囲気が大切
たいてい雰囲気さえよければ美味しくなる!
なんとなくすごいですね。
では、ここに材料を書いたメモがあるので、用意をお願いします。

ターメリックライスの材料(3〜4人分)

  • 米 2合
  • ターメリックパウダー 小さじ1/2
  • バター 10g
  • 塩 少々
※ターメリックパウダーは、入れ過ぎ注意。

キーマカレーの材料(3人分)

キーマカレーの材料
  • 合い挽き肉 300g
  • 玉ねぎ 1個
  • ニンジン 1本
  • ニンニク 1片
  • ショウガ 1片
  • トマト 大1個(200g以上)
  • サラダ油 大さじ2
  • コンソメ 小さじ2
  • 水 100cc
  • 赤ワイン 大さじ2
  • クミンシード 小さじ1
  • カレーパウダー 大さじ2
  • 塩 小さじ1
  • 胡椒 少々
  • ナツメグパウダー 少々
※トマトは、完熟のものをつかいましょう。

料理開始

ターメリックライスを炊きます

では、まずはじめに、ターメリックライスを炊きましょう。
黄色いご飯ですね。
お米を普通に研いで、水を入れたら、ターメリックパウダーと、塩を入れます。
ぐるっとよくかき混ぜて、上にバターをぽんと入れたら、炊飯器のスイッチオンです。
ターメリックライス
簡単ですね!
ターメリックパウダーは、入れ過ぎると苦くなっちゃうんですね。
今回はお米2合に、1/2のターメリックパウダーですか。
これでも、わりとパワフルに色がつくんですよ。

具の下ごしらえをします

合い挽き肉に、黒胡椒、ナツメグパウダー、塩をふっておきます。
ナツメグは、臭みを消す為に入れるんですが、入れすぎるとナツメグの味になっちゃうので、入れすぎ注意です。
合い挽き肉の下ごしらえ
なるほどー。
次はトマトの下ごしらえです。
トマトは完熟のものを使うんですね。
そうなんです、少しやわらかいくらいのトマトがいいです。
完熟トマト
太陽の恵みたっぷりですね!
たっぷりですねー。
皮が残っていると、食感が悪いので、皮をむきます。
トマトの皮むきって面倒ですよね、お湯を沸騰させてやる湯むきですよねー?
いーえ、文明の利器を使います。電子レンジですね。
おっと。お手軽。
直火であぶってやる方法もかっこいいので、やりたいのですが、今回は完熟トマトなので、汁がドボドボで大変です。
電子レンジで、やりましょう。
トマトのおしりに十字に切れ目を入れて、電子レンジで30秒。
十字トマト
ほらこの通り、簡単にむくことができます。
皮がむけてるトマト
おぉ、すごーい。
このあと、荒くみじん切りにしておきます。
あとで炒めるときにグシャグシャにするので、気合を入れてみじん切りにしなくても大丈夫。
トマトの粗みじん切り
あ、トマトの汁がたくさん、でてきますね。これもちゃんとお皿にとっておきますね。
次は、玉ねぎ、人参、ショウガを細かくみじん切りにしていきます。
これは、面倒くさいですねー。
細かいみじん切りをするときは、フードプロセッサーが便利です。
特に、キーマカレーのように、具材の大きさを整えて、食感を大切にしたい場合は、なおさらですね。
なるほどー。楽をしたいだけだと思っていました。。
ほら、この通り。
玉ねぎみじん切りニンジンみじん切りショウガのみじん切り
あと、ニンニクは、すりおろしておきます。
ショウガのみじん切り
みじん切りじゃないんですね?
ニンニクはなじませたいんです。じゅわぁーーっとね。
コダワリポイントですね。

材料を炒めていきます

フライパンに、サラダ油とクミンを入れ、弱火にかけます。
クミンは焦げやすいので、弱火でじわじわ熱を入れてください。
クミンを弱火で炒める
こんな風に、クミンが泡だってきたら、ニンニクとショウガを投入します。
クミンが泡立ってきた
ニンニクとショウガを炒めている時の香りは最強ですねー。もうお腹空いてきました。
ニンニクとショウガのみじん切り炒め
ニンニクとショウガが炒められたら、人参とタマネギを入れます。
ニンジンと玉ねぎ炒める
ここからは、強気に強火で! ガンガン10分くらい激しく炒めます。
ニンジンと玉ねぎを激しく炒めるニンジンと玉ねぎを激しく炒める2
これで5分炒めたくらいですね
5分くらい炒めた玉ねぎ
強気に振り続けないと、焦げちゃうので振り続け、ます。はぁ、はぁ。
おぉ、動画だ。
だいぶ、フライパンが火から離れているような。。あ、さらに炒めると結構いい色に変わりましたね!
10分炒めた玉ねぎ
さらに5分炒めて、こんな感じになればおっけーです。
香りもいい感じですね。
ちなみに、中火でじっくり15分炒めても大丈夫ですが、ここは一番楽しいところなので、雰囲気重視の強火がいいかなと。
はぁ。。。
で、一旦、お皿に移しておいて、
ひき肉を炒めます。
あれ、直接ひき肉を入れちゃダメなんですか?
そのままひき肉を入れてもいいんですが、安いひき肉だと、油が出すぎちゃうんですよね。
これが、前につくった時の写真ですが、炒めたら、大量の油が出てきちゃいました。
油がでてくる
うぁ、これは、肉汁というより、余分な油な雰囲気ですね。
なので、ひき肉だけ軽く炒めてみて、油の声を聞きます。
油の声ですか。。
油があまりでてこない
今回の肉は、国産のわりと高い肉なので、あまり余分な油が出てこないですね。
値段と油って関係あるんですか?
これまでの経験では、やっぱ国産のお肉は余分な油が少ないですね。
国産は高いだけありますねー。
で、炒めたタマネギとにんじんを戻して炒めます。
人参と玉ねぎを戻す
お肉に火がしっかり通ったら、ワインを大さじ2入れます。
ワインを入れる
ワインのアルコールが飛ぶまでじっくり炒めます。
しっかりワインが飛んだら
その後、トマトを入れてしっかりまぜながら、水分がなくなるまで10分ほど炒めます。
トマトを入れる
トマトを潰す感じで炒めるんですね!
トマトが馴染んだ
ここからが本番ですよー。
カレーパウダーと塩を入れて、よく炒めます。
カレー粉を入れる 塩を入れる
なんか、一気にカレーになりましたね!
あらよっと。
しっかり混ぜる
こうやって混ぜるんですね!
いや、雰囲気を盛り上げただけです。これは余計な動作なのでマネをしないように
ちょっと周りに飛び跳ねましたよね。。
これに、コンソメと、水、コショウを入れて、20分程煮込んだら完成です。
水とコンソメを入れる これくらいで完成
20分後はこんな感じで完成です。
水分がとんだ
おぉ、美味しそうなドライカレーですね!
ドライキーマカレーですね!
ウマそうなキーマドライカレーです!
ドライキーマカレーの仕上がり
辛さはカイエンペッパーをふりかけて調整ですね。
カイエンペッパーは、トウガラシの粉です。
カイエンペッパーを入れる
助手さん用に盛りつけておきましたよ!
ドライキーマカレーの助手
ありがとうございます。似てないけど。。

作ってみての感想

今回は、牛と豚の合いびき肉を使いましたが、鶏肉のミンチを使えば、さっぱりとしたドライキーマカレーに仕上がります。

20種類のスパイスで作ったカレー粉で作ったドライカレーは、深い味わいと、甘みがとても美味しかったです。我が家の定番のひとつになりそうです。

ちなみに、ドライキーマカレーは、冷凍もしやすいので、夕飯にも重宝します。
ご飯に合わせるだけでなく、レタスにくるんで食べても美味しかったです!

スパイスにハマってきたので、今年の夏はカレー三昧になりそうです!

今回使ったカレー粉はこちらです。

カテゴリ一覧