新茶の茶摘みをしてきたのでお茶を作ってみました!

牧之原市の茶畑

とある土曜日、場所は静岡県の牧之原市。
牧之原市は、全国屈指のお茶の産地です。
牧之原の茶畑 この日は伊藤園主催の、様々な異業種の人たちが集まり、お茶を飲みながら、コミュニケーションを高め、アイディアを出しあう場所でもある「茶ッカソン」というイベントに参加し、茶畑で新茶を摘ませて頂きました。
茶摘みの様子 一芯二葉で茶摘

自宅でお茶を作ってみる

牧之原の茶摘みを満喫してから、数日後、満を持してお茶作りに挑んでみました。
これが摘み取ってきた新茶の茶葉です。若干色が変色。これは酸化というものでしょうか。
すぐ取りかかればよかった。。やはり鮮度が命です。
摘んできた茶葉 重さを測って、22グラムの茶葉で挑戦!
22グラムの茶葉 茶葉を蒸します。
茶葉を蒸す 蒸してみた状態。なんとなく箸にからみついてくる感触。
茶葉をかき回してみる うちわであおいで乾かします。
あおいで乾かす フライパンで丹念に炒ります。
フライパンで炒る 乾燥した茶葉がこちら。
乾燥した茶葉 茶葉を手もみします。
茶葉をもむ 強くしっかりと揉んで水分を出します。
茶葉を強くもんでみる 手もみをしたので、ちりちりになりました。
手もみした後の茶葉 重さが13.5gに減りました。
13.5gに減った茶葉 クッキングシートを敷いたフライパンの上で、再度、茶葉に火を入れて乾燥させます。
再度、茶葉に火を入れる しっかり手でも触りながら、乾燥するまで茶葉に火を入れます。からっからになってきます。
乾燥するまで茶葉に火を入れる 6gにまで減った茶葉。
6gまで減った茶葉 茶葉を広げてみました。まさに生茶。
お茶の香りがとてもいい!
茶葉を広げてみた コップに入れてみた茶葉

完成したお茶を飲んでみる

いざ、急須でお茶を淹れてみます。
生茶を飲んでみる む、色が茶色い?想像の色と違う。。
色が薄い茶色 なんだか、紅茶が完成しました。
話が違う!!
紅茶の完成

緑茶と烏龍茶と紅茶は同じ原材料

緑茶、ウーロン茶、紅茶は基本的に同じ原材料で、製造方法が違うだけとのこと。
詳しくは伊藤園のお茶百科を御覧ください。
ビックリです。
発酵のさせ具合で、変わっていくのだとか。なので、紅茶っぽいお茶っぽいなんとも言えないものができちゃったのか。。

商品の新茶でお茶を飲んでみる

「茶ッカソン」で牧之原市長から頂いた新茶でお茶を淹れてみます。
新茶 半端ない緑色と乾燥具合。私のは乾燥も甘かったのか。。
新茶をいただく 水分を含ませると膨らんできました。すごく鮮度がいい感じ!
きれいな色の緑茶 鮮やかな緑色! これぞ新茶です。
新茶の完成 私の作った、紅茶風お茶と比べてみました。
まず、色が全然違う!
自家製の緑茶と比較

伊藤園の1本1000円のお茶

伊藤園から発売された、1本1,000円の「初摘み新茶」という商品があります。
「茶ッカソン」で頂いたこの最高級の新茶をいただいてみました。
初摘み新茶 色は、先ほど淹れた新茶を濃くしたもののような感じです。
苦味がなく、香り高く、新茶のうま味が鼻に抜ける感じ。
紅茶風お茶とは全くの別物です。原材料はきっと同じはずなのに。。
初摘み新茶の色 ダシのような、芳醇な味わい。ワインを飲むかのように、口の中でお茶を遊ばせてみたくなる感じです。
何を言っているか自分でもよくわかりませんが、とにかく、普通のお茶じゃなくて、味わい深いお茶だということは良くわかる味でした。

比較をしてみました。左から、お茶風紅茶、真ん中が、牧之原の新茶、一番右が「初摘み新茶」。
緑茶の色味も様々ですね。私の作ったのは、お茶風紅茶ですが。
3種の緑茶の比較

牧之原でお茶を味わい尽くす!

さて、今回お世話になった、伊藤園主催のイベント、「茶ッカソン」ですが、元々は、地域おこしのイベントではなく、今回はたまたま、地域とのコラボレーションイベントでした。
普段は、クリエイティブなアイデアを出しあい、コミュニケーションを深める機会と場所です。

今回は、「◯◯市をクリエイティブ都市にするには?」というテーマで参加が募集され、当日まで行き先がわからないという、ミステリーツアーのような形で始まりました。

当日発表された行き先は「牧之原市」。
テーマは、「牧之原市を知り、地域を活性化させるクリエイティブなアイデアを出す」というわけで、現地に実際に訪れ、お茶の勉強をしたり、
お茶の勉強 お茶をふんだんに使ったお茶ランチをいただいたり、
お茶ランチ お茶の濃さが選べるアイスを食べたり、
お茶アイス めちゃくちゃ高級なお茶を味わったり、
しずく茶とミライ茶 もう、すっかり、お茶のことが好きになる1日でした。

牧之原市とコミュンシティ構想

牧之原市では、今回の茶ッカソンで出た多くのアイデアを形にするか検討をしているようです。
私達のチームは、茶道の考え方を政策に活かし、「コミュニケーションをとる」ということに振り切った施策を行う、コミュンシティ構想というアイデアを考えました。
例えば、旅行であれば、温泉などに遊びに行く旅行プランではなく、コミュニケーション(対話)に圧倒的に特化した旅行プランが考えられます。「2人てくてく牧之原」と茶畑を散歩しながらお話をしたいものです。なごみそう。

今後も、牧之原市の取り組み、及び、茶ッカソンの取り組みが楽しみです。