22. 狭小住宅はローン審査が難しい?借りられる住宅ローンのチェックポイント

狭小住宅はローンが難しい?

最近よく聞く狭小住宅。東京の都心などを中心に、不動産サイトでよく見かけます。
戸建ての場合、40㎡以上であれば、住宅ローンが借りられると聞きました。
しかし、借りられるかどうかのポイントは、それだけではなさそうです。

建物面積が60㎡が基準

なんと、一般的な住宅ローンは、戸建ての場合、建物面積が60㎡以下の場合だと、借りるのが難しいそうです。
2階建てで、1,2階合わせても、建物面積が60㎡以下になる物件があるとします。
その場合は、土地面積が40㎡以上ある土地であっても、建物面積によって、審査が落ちてしまうことがあるそうなのです。

再建築をした場合の評価

しかし、建物面積が60㎡以下の場合でも借りられる銀行はありました。

その判断基準は、再建築をした時に、建物面積を60㎡より大きくする事が可能かどうかという事。
建ぺい率が低い土地や、既存で建物面積が60㎡以下でも、新築時に半地下室を作るなどして、建物面積を60㎡以上にできるかという事が重要なポイントのようです。
この判断基準は、銀行によって考え方は違うとの事なので、一概には言えませんが、そういった事もあるようです。

建ぺい率オーバーでも借りられる?

ネットの情報をみていると、建ぺい率がオーバーしている物件は、住宅ローンを借りることが出来ないと書いてありました。
しかし、立地条件や、建物の内容、個人の属性いかんでは、住宅ローンを通してくれる銀行は少なからずあるようです。

ネット銀行と都市銀行の違い

ただし、ネット銀行は、書類だけで判断するので、建物面積が60㎡以下や、建ぺい率がオーバーなどの、いわゆる規格から外れた物件であった場合は、借りられないようです。

実際は、ネット銀行も審査をしてみないとわからないとは思いますが、厳しいのではにかと感じました。
基本的に、ネット銀行と都市銀行では考え方は違うようです。
また、都市銀行の間でも、審査のポイントはだいぶ違うようです。

わかったこと

  • 戸建ての場合、建物面積が60㎡以下の物件は住宅ローンが基本的には借りられない。
  • 再建築をした時に、建物面積が60㎡より大きくなるという判断で貸してくれる銀行がある。
  • 建ぺい率オーバーでも借りられる銀行はある。
  • ネット銀行は、規格から外れた物件だと借りるのが厳しい。
次は「住宅ローンは、都市銀行よりネット銀行のほうが審査がゆるいって本当?

中古住宅を購入してリノベーションを行った5ヶ月の道のり 全50記事一覧

中古住宅購入 トップページ
1. 中古リノベのビフォーアフター写真