日本橋のアンテナショップ12箇所。写真と地図でまとめた最短ルート

初回公開日
2020-2-15

日本橋のアンテナショップ12軒をめぐるお散歩

東京にいながらにして、日本全国にある各県の魅力を知ることができるアンテナショップ。
食、文化、お土産からイベント、その県を訪れたかのような疑似体験ができ、旅行気分が味わえます。

そんなアンテナショップが集まっているのが、東京では主に銀座と日本橋のエリアです。
この記事では、日本橋エリアにある「アンテナショップ12軒」について実際に歩いて、まとめてみました。

アンテナショップのマップ / 地図

アンテナショップの地図 マップはPDFでご用意しましたので、印刷することもできます。ご利用ください。

おすすめのコース / 時間の目安

「日本橋ふくしま館 MIDETTE」からスタートして、「北海道フーディスト 八重洲店」をゴールにすると地図の通りに周ることができます。
逆で周るコースもありますが、ふくしま館の週末の営業時間が「11時~18時」と少し短めなため、このコースにしてみました。(平日の営業時間は10時30〜20時)
  • 11時「日本橋ふくしま館 MIDETTE」
      ↓徒歩5分
  • 11時45分「日本橋室町 すもと館」
      ↓徒歩5分
  • 12時30分「離島キッチン 日本橋店」
      ↓徒歩2分
  • 13時30分「三重テラス」
      ↓徒歩4分
  • 14時15分「ブリッジにいがた」
      ↓徒歩1分
  • 14時45分「奈良まほろば館」
      ↓徒歩2分
  • 15時30分「富山県アンテナショップ 日本橋とやま館」
      ↓徒歩5分
  • 16時15分「ここ滋賀」
      ↓徒歩2分
  • 17時「日本橋 長崎館 アンテナショップ」
      ↓徒歩4分
  • 17時45分「おいでませ山口館」
      ↓徒歩1分
  • 18時15分「富士の国やまなし館」
      ↓徒歩7分
  • 19時15分「北海道フーディスト 八重洲店」
日本橋エリアのアンテナショップは、お店同士が近くにあります。
1日で12軒を回るのは可能だと思いますが、1軒1軒が楽しく、時間があっという間に過ぎてしまうので、2日に分けて行くのもいいかもしれません。

(1)【福島県】日本橋ふくしま館 MIDETTE

ここからスタート。
福島県のアンテナショップです。
日本橋ふくしま館 MIDETTEの外観 アクセスしやすい駅は以下の3つです。
JRからでも、地下鉄からでも行きやすい場所にあります。

・東京メトロ銀座線・半蔵門線三越前駅 A8出口から徒歩3分
・JR神田駅東口・南口から徒歩5分
・JR新日本橋駅2番出口から徒歩1分

大通りに面しているので、すぐに見つけることができます。
福島アンテナショップの内観 広めの館内には、お菓子、乳製品、日本酒、などなど、ふくしまの食材を使った商品が豊富に並んでいます。
福島アンテナショップの日本酒コーナー イベントも頻繁に開催されているそうで、開店と同時ににぎわいを見せていました。
ままどぉるはもちろん、フラガールカレー、珍しい調味料などもあり、お買い物が楽しいです。
日本橋ふくしま館 MIDETTEのままどぉる 店員さんも、みなにこやかに接客をされていて、活気を感じました。
日本橋ふくしま館 MIDETT
【住所】東京都中央区日本橋室町4-3-16柳屋太洋ビル1階
【TEL】03-6262-3977
【営業時間】平日 10:30〜20:00、土日祝日 11:00〜18:00(年末年始は要確認)

(2)【淡路島】日本橋室町 すもと館

淡路島洲本市のアンテナショップです。
「日本橋ふくしま館 MIDETTE」の目の前にあるので、信号を渡ればすぐ着きます。
淡路島すもと館の外観 2020年1月9日にオープンしたばかりで、以前あった日比谷から移転してきたそうです。
淡路島すもと館の内観 中には、名産の淡路島の玉ねぎや、おしゃれでかわいいパッケージのバウムクーヘンをはじめ、魅力的な淡路島の商品が並んでいました。
日本橋室町 すもと館のパンケーキ 私が伺った時は、玉ねぎのスープを試食でいただけ、とても甘みがあって美味しかったです。
日本橋室町 すもと館のたまねぎスープ 写真はありませんが、とっても気になるかっこいい自動販売機があったので、見に行かれてみてください。
店内でも淡路島のお料理がいただけるコーナーもあり、のんびり過ごせそうな雰囲気でした。
淡路島すもと館のカフェメニュー
日本橋室町 すもと館
【住所】東京都中央区日本橋室町4-4-3 喜助日本橋室町ビル1F
【TEL】03-6811-2272
【営業時間】平日:11時~20時、土日祝:11時~19時

【定休日】年中無休(ただし12月31日、1月1日は除く)

(3)【離 島】離島キッチン 日本橋店

離島キッチン日本橋店は、「島とつながり、島とともに成長する」をテーマに、島根県・海士町観光協会が運営しているそう。
離島キッチンの外観 美味しい新鮮な海の幸や、島料理がいただけます。
離島キッチンの定食セット 「日本橋室町 すもと館」から徒歩約5分ほどの、YUITOの地下1Fにあります。
メニューの裏に書かれていた、日本にある小さな島の数々。
「こんなにあるんだ!」と感動したのと同時に、旅に出たい気持ちになりました。
離島キッチン 日本全国の島
離島キッチン 日本橋店
【住所】YUITO 日本橋室町野村ビル B1F 東京都中央区日本橋室町2-4-3
【TEL】03-6225-2095
【営業時間】ランチ営業 11:30-14:30 ラストオーダー 14:00

カフェ営業 14:30-17:30

ディナー営業 18:00-22:00 フード ラストオーダー 21:00

【定休日】なし

(4)【三重県】三重テラス

三重県のアンテナショップです。
「離島キッチン 日本橋店」から地上にあがり、徒歩数分で到着。
三重テラスの外観 三重県と言えば、伊勢神宮、赤福、松坂牛などなど全国的に有名なものがたくさんあります。
三重テラスの内観 中には、かわいいお持たせになりそうなお菓子、伝統工芸品、漬物、あおさなど、所狭しと並んでいました。
お隣には三重テラスのレストランがあり、松坂牛のローストビーフ丼などがいただけます。
三重テラスのランチメニュー ソフトクリームが食べられるのも魅力的です。
2Fのイベントスペースでは、多様なイベントが開催されているそう。
三重テラス
【住所】YUITO ANNEX 1F・2F 東京都中央区日本橋室町2-4-1
【TEL】03-5542-1033(ショップ)
【営業時間】物販 10:00 – 20:00
レストラン 11:00 – 23:00(ラストオーダー 食事 22:00・ドリンク 22:30)

【定休日】年中無休(年末年始を除く)

(5)【新潟県】ブリッジにいがた

新潟県のアンテナショップです。
「三重テラス」から徒歩4分ほどで到着。
ブリッジにいがたの外観 ブリッジにいがたでは、その季節に合った名産品などが販売されていたり、週末限定で笹団子がお買い求めいただけます。
ブリッジにいがたの内観 新米の時期はお米の試食販売をされていたり、初夏には美味しい山菜が売られていたり、いつ行っても変化があって楽しいアンテナショップです。
その他、伝統工芸品などもお取り扱いされています。
ブリッジにいがた
【住所】東京都中央区日本橋室町1-6-5 だいし東京ビル1階
【TEL】03-3243-2840
【営業時間】10:30~19:00

【定休日】毎週火曜日、年末年始(※火曜日が祝日の場合は営業)

(6)【奈良県】奈良まほろば館

奈良県のアンテナショップです。
「ブリッジにいがた」から徒歩1分くらいで到着。
奈良まほろば館の外観 広めの店内には、見た目がかわいいギフトに良さそうなお菓子や、週末限定入荷の人気商品、伝統工芸品がずらりと並んでいます。
奈良まほろば館の内観 鹿の形のクッキーや、大仏のプリン、きなこクリーム 大福など、甘いものが好きな方は、心が踊りそうなラインナップ。
甘いものだけではなく、奈良漬け、ジビエカレー、油揚げなど、しょっぱいもの系も豊富。
奈良まほろば館の人気アイテム 奥のスペースでは、工芸品や雑貨があり、奈良県に関する観光案内などの情報も知ることができます。
奈良まほろば館
【住所】東京都中央区日本橋室町1-6-2 日本橋室町162ビル1F・2F
【TEL】03-3516-3933(1Fショップ直通)
【営業時間】10:30~19:30

【休館日】12月31日~1月2日

(7)【富山県】日本橋とやま館

富山県のアンテナショップです。
「奈良まほろば館」から徒歩2分くらいで到着。
日本橋とやま館の外観 とても綺麗な店内には、食品だけではなく、美しい伝統工芸品が展示販売されており、思わず見とれてしまいます。
日本橋とやま館の内観 よく知られている富山の名産品をはじめ、ご当地パンや氷見うどんなどの、あまり知られていない商品もたくさん。
富山の旬の物がいただけるレストラン、富山の日本酒を飲み比べることができるバーが併設されています。
日本橋とやま館のご当地パン その内装も木を基調としているおしゃれ&モダンなデザインで、センスの高さを感じます。
日本橋とやま館
【住所】東京都中央区日本橋室町1-2-6 日本橋大栄ビル1F
【TEL】ショップフロア(物販) 03-3516-3020
和食レストラン「富山はま作」 03-3516-3011
その他(イベント等) 03-6262-2723
【営業時間】ショップフロア 10:30~19:30
和食レストラン 11:30~14:30、17:00~22:30(日・祝~21:00)
バーラウンジ 11:00~21:00
観光交流サロン 10:30~19:30

(8)【滋賀県】ここ滋賀

滋賀県のアンテナショップです。
「日本橋とやま館」から、日本橋川の「日本橋」を越えて、徒歩5分ほどで到着。
ここ滋賀の外観 交差点の角で、かっこいいモダンな建物なのですぐわかると思います。
ここ滋賀の内観 近江牛、お茶、カレー、おしゃれなパッケージのお菓子、限定入荷のご当地パンなど、お土産になりそうなものがたくさん並んでいます。
ここ滋賀の近江牛コーナー 店内にあるイベントエリアで滋賀の魅力を伝えていたり、期間限定で、作家さんのうつわなどの名品が展示販売されていたりも。
2Fのレストランでは、近江牛を使ったお料理をはじめ、滋賀県の魅力がたくさんつまった食事が提供されています。
ここ滋賀のくう
ここ滋賀
【住所】東京都中央区日本橋2-7-1
【TEL 1F】共通 03-6281-9871
【TEL 2F】日本橋 滋乃味 03-6281-9872

【営業時間】
・マーケット 10:00〜20:00
・地酒バー「SHIGA’s BAR」 平日10:00〜22:00、土日祝10:00〜21:00
・総合案内「SHIGA’s CONCIERGE」 10:00〜20:00
・レストラン「日本橋 滋乃味」
平日ランチ 11:30〜14:30(ラストオーダー 14:00)
平日ディナー 17:00〜22:00(ラストオーダー 21:00)
土日祝ランチ 11:30〜16:00
土日祝カフェ 14:00〜17:00(ラストオーダー 16:00)
土日祝ディナー 17:00〜21:00(ラストオーダー 20:00)

(9)【長崎県】日本橋 長崎館 アンテナショップ

長崎県のアンテナショップです。
「ここ滋賀」から徒歩3分ほどで到着。
日本橋長崎館の外観 以前訪れたことのある長崎県は、個人的に親しみを感じています。
日本橋長崎館の内観 波佐見焼、カステラ、五島うどん、あご出汁、ちゃんぽん、皿うどん、トルコライスなどなど、名品が集められて販売されています。
日本橋長崎館の商品 もはやブームではなく定着の域に達している波佐見焼も、ラインナップされています。
日本橋長崎館のカステラ 店内には軽飲食コーナーもあり、長崎県のスイーツやお酒の飲み比べなども提供されています。
日本橋長崎館のちゃんぽん
日本橋 長崎館 アンテナショップ
【住所】東京都中央区日本橋2-1-3アーバンネット日本橋二丁目ビル1階
【TEL】03-6262-5352(ショップ)
【営業時間】10:00~20:00

【定休日】年中無休(ビル施設点検日等除く)

(10)【山口県】おいでませ山口館

山口県のアンテナショップです。
「日本橋 長崎館」から徒歩4分ほどで到着。
おいでませ山口館の外観 日本橋プラザビルの1Fに入っています。
おいでませ山口館のビル 店内には、有名な下関のふく、獺祭をはじめ、珍しい食品や伝統工芸品がたくさん並んでいます。
おいでませ山口館の内観 夏みかんもずく、くじらの大和煮など、初めて知る商品も。
おいでませ山口館の長州サイダー 食べていないのですが、毎週限定入荷の生外郎(なまういろう)が人気商品のようで、食べてみたい!と思いました。
おいでませ山口館
【住所】東京都中央区日本橋2-3-4 日本橋プラザビル 1階
【TEL】03-3231-1863
【営業時間】10:30~19:00(12/31~1/3を除く)

【定休日】ビルの法定電気点検日(8月土日)はお休み

(11)【山梨県】富士の国やまなし館

山梨県のアンテナショップです。
「おいでませ山口館」と同じ日本橋プラザビル内にあるので、徒歩30秒で到着。
富士の国やまなし館の外観 信玄餅、ほうとう、ワインをはじめ、清里の乳製品、伝統工芸品など、山梨県の名産品が豊富に並んでいます。
富士の国やまなし館の内観 信玄餅は、どら焼きアイス、プリンなど関連商品も多く、店内では信玄ソフトもいただく事ができます。
富士の国やまなし館のソフトクリーム ぶどう、もも、すももの生産量は日本一で、初夏から秋にかけて限定入荷されているそう。
富士の国やまなし館
【住所】東京都中央区日本橋2-3-4 日本橋プラザビル1F
【TEL】03-3241-3776 (商品に関して)
【営業時間】11:00~19:30

【定休日】ビルの法定点検日(その他、天候等状況により臨時休業の場合があります)

(12)【北海道】北海道フーディスト 八重洲店

北海道のアンテナショップです。
「富士の国やまなし館」から徒歩7分ほどで到着。
北海道フーディストの外観 東京駅の八重洲地下街にあります。
北海道フーディストの内観 広い北海道だけあって商品数が豊富。店内には各地域の名産が所狭しと並んでいます。
スープカレー、乳製品、夕張メロン、じゃがいも、ドレッシングなどなど、お酒のおつまみになりそうなものから定番のお菓子まで、時間が足りないほど魅力的な物が並んでいます。
北海道フーディストのカレーコーナー 店内では、濃厚で甘くてとても美味しいソフトクリームもいただけます。
北海道フーディスト 八重洲店
【住所】東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街 中2ブロック
【TEL】03-3275-0770
【営業時間】10:00-20:00

振り返ってみて

手軽にその県の魅力を知ることができるアンテナショップ。
全部まわってみた後、その県の魅力をもっと知りたい!と思うようになりました。

今度の旅は、この中で気になった県に行ってみたいと思います!