1. ホーム
  2. 東京散歩
  3. 朝の浅草寺のお散歩の様子を写真で紹介。桜が満開で気持ちがいい!

投稿日:2015年4月2日
更新日:2020年2月2日

浅草寺の桜散歩

4月に入り、浅草寺の桜もいよいよ満開になってきました。
浅草寺を散歩して桜を撮影してきましたので、その様子をご紹介ます。

撮影日は、2015年 4月2日(木)ですが、今週末がそろそろ見頃をすぎる頃かもしれません。

今回は、浅草在住のこの2人に、桜の浅草寺を案内してもらいましょう。

朝7時の雷門

濃紺さん、朝の散歩は気持ちいいですね。
いつもは混雑している雷門ですが、朝7時頃の雷門は、このとおりガラガラです。
雷門をこんなゆっくり見たのは初めてかもしれません。
雷門の裏も見てみましょう。
風雷神門って書いてありますね。これが雷門の正式名称でしたか!

仲見世を散歩

仲見世通りを歩いて浅草寺へ向かいましょう。ってすごく歩きやすい。。
仲見世の屋根に見える飾りは季節によって変わりますが、この時期は桜です。

仲見世を進んでいくと、伝法院通りというおしゃれなストリートが横切っています。
伝法院通りのあたりから、桜がたくさん見えてきます。
左側には桜がたくさん!
右側には、揚げまんじゅうや、人形焼とか、人気のお店がある場所ですね。
朝が早いのでまだシャッターがおりていました。

浅草寺の手前にある宝蔵門

仲見世の終わりから浅草寺へ入る門は、宝蔵門といいますが、このあたりの桜が一番綺麗ですね。
桜が満開で綺麗ですね。
桜をぱしゃり。
来た道を振り返ってぱしゃり。
宝蔵門に到着です。ここをくぐれば浅草寺です。

宝蔵門の大きな提灯を下からのぞくと龍が描かれていました。
奥に見えるのが浅草寺本堂です。
改めてみると、すごく大きな建物ですね!
宝蔵門を裏から見てみるとこんな感じです。

浅草寺本堂

普段はお線香の煙がもくもくあがっている常香炉も、朝は煙がありません。
境内に登ってみると、人がちらほらいました。
境内を振り返ってみるとこんな感じ。やはり朝は人が少ないですね。
人が少ない朝の浅草寺は、ゆっくりお参りすることができました。
浅草寺から右をみると、スカイツリーが見えます。

浅草神社(三社様)

ちなみに、三社祭の三社様って、実は浅草寺本堂のお祭りではないって知っていましたか?
えぇ、そうなんですか?
実は、浅草寺本堂右隣にある浅草神社のことを通称、三社様と言うのです。
すぐとなりなので、散歩しましょう。
浅草神社にも桜がありました。

浅草寺の横手

浅草寺本堂の周りも情緒あふれる風景が広がっているので、散策をオススメします。
すごく空いていて、いい散歩コースです。
この桜も寂しいですが、すぐに散ってしまうんですよね。
桜は散っても、浅草寺の朝は人が少なく、道も広いのでオススメですよ!

おわりに

浅草寺の桜散歩はいかがでしたでしょうか。

浅草寺の昼間は、平日休日問わず、常に混んでいる印象ですが、朝はこんなに空いています。
お昼の観光だけでなく、近郊に住んでいる人であれば、朝早く起きて、浅草散歩はいかがでしょうか?

浅草散歩のあとは、隅田川を渡って、東京スカイツリータウンへ行くのもオススメです。
東京スカイツリーのある押上までは、普通に歩いて20分くらいです。

逆に上野方面に歩けば、かっぱ橋道具街があります。
浅草散歩の帰りに、料理道具の問屋街に行ってみるのもいいですね!

あと、浅草寺は仲見世通りだけではなく、様々な通りがあり、お店もとても多いです。
散歩して、ゆっくりして、少し早いお昼にランチを食べて帰るなどのコースもいかがでしょうか。

ランチに関しては本当にお店が多いので、今度オススメをご紹介する予定です!
[amazonjs asin=”B00STR3PFS” locale=”JP” title=”散歩の達人 2015年 04 月号 雑誌”]
Exit mobile version