タイの食材だけで作ってみたよ!本格レッドカレーペーストの作り方

先日、スパイスたっぷりのインドカレーを作ってみました

今度は、タイ料理のレッドカレーにトライしようと、まずレッドカレーのペーストを作ってみました。
28 DSC01844 タイカレーは、ペーストを作っておいて、それをカレーにする段取りで作ります。

タイの材料を集めるのが大変ですが、集まれば、作って保存もできますので、おすすめの本格派の料理です。

材料を用意します

01_DSC01765

レッドカレーペーストの材料 (6〜7人前)

プリックバンチャン
(乾燥赤唐辛子)
30g
カー(タイのショウガ)
9g
ホムデン
(赤い小玉ねぎ)
30g
レモングラス
25g
小さじ1/2
ココナツミルク
(水っぽいところ)
大さじ5
カピ
10g
ニンニク
40g
パクチーの根
2g
ピューマックルート
(こぶみかんの皮)
2g
ナツメグ
少々
*プリックバンチャン(乾燥赤唐辛子)を30g使うとかなり辛いです。
辛さの苦手な方は10g〜20gでも美味しく頂けます。

下準備をします

プリックバンチャンの種を取り、中も洗っておきます

プリックバンチャンは、大きめの乾燥赤唐辛子で、大きさはだいたい10cmくらいあります。これは「辛さはほぼ無いに等しい」とどこかに書いてあったのですが、むいているうちに、手が熱くて痛くなってきました。
02_DSC01770 かなり、種が入っています。
03_DSC0177504_DSC01773 たくさん種が取れました
05_DSC01776

水で中も洗っておきます

07_DSC0178008_DSC01813

こちらはカピ

小海老を塩漬けにして発酵させたもの。wikipediaによりますと「非常に塩辛いが、アミノ酸のうま味も多く含む。刺激臭とも言える強烈な匂いがするが、日本のくさやと同じく、臭いがうまい食材である。」とありますがその通り。においます。開けたあとは、ジップロックに入れないと、においがもれるくらいです。カレーペースト作りにはかかせない食材。
09_DSC0178209_DSC01807

ピューマックルート(こぶみかんの皮)

こぶみかんの皮で、柑橘系の香りがします
10_DSC0178417_DSC01810

ホムデン(赤い小玉ねぎ)

タイではメジャーな玉ねぎだそう。赤玉ねぎで代用可能です。
粗くみじん切りにしておきます
11_DSC0178812_DSC0178913_DSC01792

レモングラス

その名の通り、レモンの香りがします。けっこう固いので、小さめに切っておいたほうがミキサーにかけやすそうだったので細かく輪切りにしました。利用したい「においがする部分」は、輪切りにしてみて色が付いている部分だけらしいので、その部分を使います。
14_DSC0209415_DSC0178515_DSC01808

ニンニク

タイのニンニクは、小粒で香りが強いらしいのですが、見つからなかったので、日本のもので代用。
15_DSC01818

カー(タイのショウガ)

かたい根っこ部分を取りながら、ミキサーに入るように小さく切っておきます。
15_DSC01805

ココナッツミルクを固形のものと、水っぽいものをわけておきます

使うのは、水っぽいほうです。
缶をあけてスプーンですくうとドロドロした状態のココナッツミルクがすくえます。
これを、取り除くと、下のほうにサラサラした水っぽいココナッツミルクがでてきますので、それを利用します。
16_DSC01795 すでに夏にさしかかっていたので、そこまで分離していなかったのですが。。冬ならばやりやすかったのか。
いまさらですが、冷蔵庫に入れておくという手もあります
17_DSC01798

パクチーの根をよく洗い、みじん切りにしておきます

16_DSC0180916_DSC01819

塩を用意

17_DSC01814

ナツメグ

17_DSC01811

材料をすべて、ミキサーにかけます

18_DSC01800

じゃんじゃんいれていきます

19_DSC0182120_DSC0182521_DSC0182722_DSC0183023_DSC01833

最後にココナッツミルクの水っぽいほうを入れます

24_DSC0183625_DSC01838

ミキサーにかけます

26_DSC01839

こんな感じにできました

もう少し唐辛子の粒を消してもよかったかもしれない。。
27_DSC01840

レッドカレーペーストのできあがり

28_DSC01844

1晩冷蔵庫に置いたら固まりました

28_DSC02045

ラップにくるんで冷凍庫で保存します

もちろんそのまま調理することもできます。冷凍すれば、2〜3ヶ月は持ちます
28_DSC0204828_DSC0205128_DSC02053

おわりに

レッドカレーペーストを作った後に、ひどい悪夢がありました。

ペーストを作り終えた後、しばらくして、徐々に手に異変が訪れました。
ものすごくイタイ。そして、熱い。これって、もしかして。。唐辛子のせいか!
あんなに大量に唐辛子の下処理をしたのは、はじめてです。
いつもなら、使うとしても1〜2本だったので、大した打撃は受けていなかったのですが、30gの唐辛子は、かなりの量。
ネットで調べると、素手で触ったらダメ!だと皆が書いているではないですか!
唐辛子の攻撃力を甘くみておりました。
痛くて痛くて、たまらない。。今日は寝られる気がしない。。
というわけで、調べてみましたところ、経験された方が色々と治癒方法を載せてくれていましたので、全部やってみました!

まず保冷剤で冷やす

29_DSC01846

コーヒーで洗ってみる

コーヒーのなんかが、カプサイシンを吸い取ってくれるんだとか。
30_DSC0184731_DSC0184932_DSC01854

油で洗ってみる

カプサイシンは油に溶けやすいんだとか。
34_DSC0185735_DSC01858

石鹸でよーく洗い流す

アルカリ性がいいんだとか。自宅にあった石鹸が何性なのかなんてわからないっす。
36_DSC01861

やっぱり最後は冷やす

実は、どれもそこまで効果があったという気がしておりませんでした。
そこで考えたのが、冷蔵庫に入れておいてよかった、冷えピタっぽいシート。わりとよかった。
37_DSC0186238_DSC01863

氷水でシメます

それでも、最後は氷水に入れて、収まるのを待つというのが楽でした。
氷水から取り出すと痛くなるので、なるべく入れっぱなしでした。
39_DSC01866
どれが効いたのか、混合技が効いたのか、わからないですが、なんとか5時間後くらいには、我慢できる程度まで落ち着いて、寝ることができました。
次は、手袋などをして、しっかり防御してやってみようと思います。

というわけで、現地の食材を利用したレッドカレーペーストを使ったカレーを作る様子は、次回ブログで報告します。