1. ホーム
  2. 陶器探しの旅
  3. 陶器市まで待てない!かわいいデザインの波佐見焼を紹介します

投稿日:2013年12月26日
更新日:2020年2月2日

波佐見焼

波佐見焼をご存知でしょうか?
九州は長崎にある、陶磁器の産地で作られている、歴史のある焼き物です。

最近は東京のお店でも、見かけるようになってきた波佐見焼ですが、
現地の窯元を見てみたい!ということで、長崎の波佐見町へ買いに行ってきました。

モダンでかわいい波佐見焼たちをご紹介します!

長崎の波佐見町では、陶磁器を色々買えて楽しかったです!
旅行以外でも、購入した波佐見焼の器をまとめてみました。
あと、波佐見町のとなりの有田町でも、いくつか陶磁器を購入したので最後の方に載せてみました。

natural69

polca(ポルカ)シリーズのプレートです。象のイラストがかわいい!
こちらもpolca(ポルカ)シリーズで、深さのあるボウルタイプ。
珍しいトナカイの柄が個性的です。スープやサラダ、使い勝手が良いサイズです。
BIRDHOUSEの箸置き5個セット。入れ物もかわいいし、贈り物にもいいですね。
カラフルで食卓が明るくなりそうです。
swatch(スウォッチ)シリーズのプレートです。柄や形も珍しくて、使い勝手が良さそうです。
かわいい絵柄の小皿。魚のイラストがかわいいです。
いくつかあった中から、手書きの感じが気に入って購入したお皿です。
薄くて軽いです。普段使いにいいですね!
濃紺色に惹かれて買っちゃいました。
このフォルムをみてください。しっかりした作りです。
ここから下は、アウトレット品で、かなりお得に手に入れました。
背の高いマグカップ。ビアグラスなのかな。
スープに丁度よさそうなカップ。白い部分は、ざらっとしています。
すり鉢も買いました。ゴマをすります。
かわいい小皿です。形がかわいらしい。
カラフルでころんとした器です。使いやすそう。

sabatoシリーズ

南スイスを拠点に活躍されているアーティスト、アオイ・フーバーさんが描くイラストが素敵なsabatoのテーブルウェア。
休日が楽しくなりそうな、器が揃っています。
紹介カードのイラストもモダンでかわいい!

北欧デザインの波佐見焼

北欧デザイナーとのコラボ企画の商品。
ユリア・ヘウリングさんのキッチンエイドという作品です。
小皿とセットで買いました。色使いといい、シンプルでいてかわいらしい!

ポンペ・ヘーデングレンさんのミルキーウェイという作品。
天の川をイメージしたお皿は、外側と内側で色が違います。
明るく食卓を彩ってくれそうです。


マルヒロ

お皿ではないのですが、前々から欲しかった、おしゃれ木のまな板としゃもじも買いました。
カラフルな食器は、テーブルを美味しそうに彩ってくれそうです。
1トーン落としたカラーリングの食器で、意外な色の組み合わせも楽しめそうです。

一真窯

大中小と3つの大きさのお皿は、組み合わせが自由です。
シンプルながらもすべて模様が違うので、料理に合わせて、組み合わせを考えるのが楽しいお皿です。
ベースの大きなお皿にも模様がはいっています。
模様の入っていないのも売っていましたがこちらをチョイス。
このように、好きな組み合わせで何通りもの盛り付けができます。
他の陶器を組み合わせてもいいですね!

ミニョン

アウトレット価格になっていたお得なフタ付きのマグカップ。
鮮やかな色に惚れて購入しました。
サイズもちょうどよくて、底面が丸くなっていて、使いやすいんです。
緑とオレンジの鮮やかな色は、楽しい気分になりますね!
こちらの素敵なデザインの長皿もミニョンで購入しました。
普段の料理を、このお皿で出すと、いきなりお洒落になります!
帰ってきてから気づいたのですが、一真窯の陶器でした。

西海陶器

「essence」シリーズのボウル。スープや小鉢にと使い勝手の良さそうなサイズです。
同じくessenceシリーズの「黒土 ESボール ストライプ」です。
回りは陶器のように土っぽい手触りで、内側はツルツルしています。モダンでシックな落ち着いたテーブルを演出できそうです。
結構大きめなので、テーブルの中心に大皿料理として置いて、取り分けたりしています。

白山陶器

真っ白なお皿。写真ではわかりづらいですが、マットな感じの形がかわいいお皿です。
こちらは、平べったい形が特徴のお茶碗です。
模様の描かれ形が気に入って購入しました。
裏には、「も」が。
「も」についてですが、森正洋さんの平形めし茶わんというシリーズだからですね。
横長のお皿も買いました。模様の入り方が素敵です。
横から見たところ。

赤井蔵

入ってすぐのところに陳列されていたこのお椀。
形といい色あいといい、すぐに気に入って、即購入しました。
中がチャコールグレーです。
かわいい形の小ぶりな器も気になって買っちゃいました。

変わった色や形の食器

こちらは、磁器ではなく陶器です。
渋めのイエローとグリーンのカラーが素敵。イエローは少し小さめなので、夫婦で使うのもいいですね。
食パンの形をした「トースト型 パン皿」。
このような形は他ではあまり見ない、個性的な器です。1枚1枚表情が違うのもまたいいですね。
左右非対称な形のカレー鉢。木のイラストがかわいいです。
形状も使いやすく、丈夫そうです。
モザイク調のお茶わん。ポイントの色使いがかわいいです。
テーブルウェア・フェスティバルで買った、石丸陶芸の豆皿。
かわいいイラストの種類がたくさんあって、選びきれないほどでした。
こちらもテーブルウェア・フェスティバルで購入したモダンな形の丼です。
丼料理がおしゃれにいただけそうです。
一つ一つ手書きで絵柄を入れているので全部が微妙に違い、手書きの味が表現されています。


アイユー

重宝皿というそうで、箸置きと醤油入れに使えたり、スプーンを置いたりもできるお皿です。
こんな感じになります。

堀江陶器

真っ白な色の小ぶりなバット。ちょっとした料理に使えそうです。
堀江印。

土蔵(陶もと)

あまり見たことがない器で、一目惚れして買いました。どんな料理で使おうかな。
横から見たところ。ころんとした丸みがあります。

KIHARA

所変わって、有田町にも行きました。
有田焼卸団地内にあったこちらのお店で見つけたかっこいい器です。
裏返すと富士山のようです。
これだけに限らず、富士山モチーフが多かった気がします。世界遺産効果ですかね。
使いやすそうな渋い皿も購入です。
少量の料理が映えそうな、かわいい形の小皿セット。

おわりに

波佐見焼の特徴は、美しい白と、絵付け、普段使いで便利なイメージがありますが、モダンでかわいいデザインも多くあります。

また、波佐見町は、お店が近くに点在していますので、買い物もしやすかったです。
窯元で購入すると、少し安く購入できますし、商社でも、割引して販売しているお店が多いようです。

素敵な器で食べるご飯はとても美味しいです。最高です。
陶器と磁器を使い分けて、楽しいご飯を食べて行きたいと思います。

ずらりと並べて記念撮影!
波佐見焼陶器まつりで買った器はこちら!
Exit mobile version