1. ホーム
  2. 陶器探しの旅
  3. 関ブリを堪能できる別府のお店「海鮮 いづつ」とは?

投稿日:2016年5月25日
更新日:2020年2月2日

関ブリがうまい

大分県は別府、「海鮮 いづつ」で、関ブリをいただいてきました。
これが、ほんとに新鮮で美味しい!
一つのお皿に、3つの部位が入っています。
身が引き締まった新鮮な関ブリです。
コリコリの歯ごたえの後の、ぷりっとした味わいがたまりませんでした。
トロのような脂こそ少ないものの、新鮮そのものの魚は臭みがなかったです。
旅行から戻ったあとも、この食感は記憶に鮮明に残っていて、また次回もリピートしたいくらいです。

別府の関サバ関アジが食べたい

関ブリを狙って食べにいったわけではありません。
はじめは、大分県のブランド魚として有名な「関サバ、関アジ」を食べに行こうとお店に行きました。

潮の流れが速い瀬戸内海と太平洋の境界「豊後水道」で、一本釣りにより捕れる魚「マサバ、マアジ」の事を「関サバ、関アジ」と言うそうです。
噂でよく聞く、身が引き締まっているとは、どんな感じでしょうか?

「関あじ」の旬は3月から10月、主に夏らしいですが、ほぼ周年食べられるそうです。
「関さば」の旬は冬と言われていますが、11月~4月、8月~9月の間に多く食べられるそうです。

訪れた日は、関サバが入荷されていなかったので、関アジと関ブリを堪能してきました。

関アジもうまい!

関アジ定食を頼みました。大きく立派なアジ!
普段東京のスーパーで買って食べているアジとは、全く別物の食感でした。
コリコリとした歯ごたえ、身がしまっている感じ。
それまで食べたものとは一線を画す、衝撃的な食感でした。
この部分が、活き締め(活け締め)の跡。神経をしめる事で、新鮮さが保持されるそうです。

海鮮 いづつのご紹介

今回、ランチで訪れた「海鮮 いづつ」ですが、ネット検索でも上位に出てくる有名なお店です。
お昼前に行ってみましたが、待っている方もいました。
メニュー看板です。色々なメニューがあり、心おどります。
こちらが関アジ関サバの写真です。
入荷は時期や天候によって変わります。仕入れがない場合もありますのでご注意を!
定食メニューが豊富!
本日のオススメメニュー。
お刺身は全部頼みたいくらいでした!
泳ぎ活アジ!
店内の様子です。
いづつ自家製刺身醤油も!
外から見える水槽には、サザエがびっしり。

大分旅行で食と温泉を楽しむ

別府は温泉地で有名ですが、このように美味しい海の幸も食べられます。
刺し身だけではなく、中津の唐揚げ、とり天と私の大好物だらけなので、「食べまくって温泉に浸かる」という幸せプランで、また大分旅行に行きたいです。

※今回の記事は2014年の10月に「いづつ」へ伺った際の情報です。

大分旅行関連記事

Exit mobile version